前半戦まとめ【投手編】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

前半戦の投手陣は先発では髙橋光成、リリーフでは平良海馬が頑張ったと思います。

 

ただ色々と誤算も有りました。

一番の誤算は森脇亮介の出遅れと不調と増田達至の不調ですね。

去年の勝ちパターンが崩れてしまったのは非常に困った事になりました。

しかもまだこの問題は解決して無いです。

森脇亮介と増田達至が復帰しなければ解決は無理でしょう。

 

平井克典の先発転向も失敗しましたね。

これは元々一か八かでしたからね。

失敗すればリリーフに戻せば良いというのも有りました。

誤算は辻発彦監督が意外とリリーフで起用しなかった事ですかね。

 

今では重要な先発投手としてローテを守っている松本航と今井達也も最初は非常に不安定でした。

松本航はリリーフで起用という時期も有りましたからね。

 

Z.ニールが出遅れたのはある程度想定はしてましたが新型コロナウイルスの濃厚接触者で隔離というのは想定外でした。

2週間の不在はキツかったです。

 

R.ギャレットも思ったよりも安定感が無いです。

抑えも任されましたが失敗してます。

2年目という事で研究されてますかね?

 

M.ダーモディは期待外れでした。先発ではやっぱり無理でしたね。

リリーフでも二軍で失点しているので厳しいです。

 

投手陣は基本的に誤算ばかりです。

髙橋光成、今井達也、松本航の先発投手が一人前になりそうというのが前半戦の収穫ですかね。

あと水上由伸が意外と良い箏くらいですかね?

平良海馬は去年からの事を考えたらそこまで驚きは無いです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    なんといっても増田が大誤算が響きました。
    京セラドームで野手のボーンヘッドからTー岡田に同点3塁打さらに杉本にサヨナラヒツトを喫しこの試合が低迷へのターニングポイントになった。
    先発陣も週6試合では足りない佐々木が3球で退場して渡辺がまたしても杉本に2ランを喫して敗戦した試合も非常に痛かった。
    どっちにしてもピッチャーを補強しないと後半戦もしんどいです。
    コントロールと度胸のある水上をセットアッパーで起用してほしいです。
    首脳陣は密になって話し合うべきです。
    親会社をあげてのバックアップが必要不可欠です。

    • sakano より:

      増田達至はオリックス・バファローズ戦の前に福岡ソフトバンクホークス戦でリリーフに失敗しているので福岡ソフトバンクホークス戦からですね。

      佐々木健が先発した試合で負けたのはそこまでダメージは無いです。
      山本由伸と佐々木健が先発でしたからね。
      元々捨て試合でした。
      その後の今井達也とZ.ニールで負けたのが誤算だったと思います。

      水上由伸はセットアッパーはまだ早いですかね。
      場数が足りてないです。
      僅差でリードした場面で投げてどのようなピッチングをするかだと思います。

  2. YOSHIKI より:

    シーズン途中の外国人選手獲得はすべきだと思いますが、多分しないでしょう。そうだとしたら、選手起用を改善するしかありません。

    今年の前半戦は、先発3本柱が独り立ちしつつあること(もちろん現状に満足はしていませんが)と平良の大躍進ですね。一方で浜屋の不調、ダーモディが先発として機能しなかったのも大きいですね。平井の先発転向も不調に終わりました。

    リリーフはギャレット、宮川に安定感が無く、森脇も出遅れました。小川、吉川光が左キラーとして機能せず、ベテラン武隈と佐野が頑張ってくれました。同じくベテラン十亀が頑張りました。

    以上を踏まえて後半戦の対策ですが、先発は8人体制を取らないといけません。高橋光、松本航、ニールの4人は固定メンバーです。何度も申し上げているように二軍で好投している内海、浜屋、本田、上間を2人1組で隔週で投げさせるのが良いでしょう。もちろん相性を見て投げさせる投手を決めるのも良いですが、ある程度安定した間隔で投げさせてあげたい物です。

    リリーフは平井が戻ってくることが大きいです。しかし、平井を酷使しないように配慮して欲しいです。肩の仕上がりが早く比較的連投も苦にしませんが潰してしまっては元も粉も無いですから。平井、ギャレット、森脇、増田で勝ちパターンリリーフ陣を構成したいです。左は武隈、佐野の3人を起用していく形になるでしょう。ビハインド担当としては宮川、十亀、水上、ダーモディといったメンバーになります。與座、吉川光、田村の3人を中継ぎロング要員として考えれば良いでしょう。渡邉勇はエキシビションマッチ2021の結果次第ですが、二軍で育成し直すべきかと思います。平良のようにリリーフでブレークするのはまだ、時間が掛かると思います。むしろ次世代先発三本柱として二軍で育てて欲しいです。佐々木健も大卒社会人のドラフト2位ですから、不満ですが、二軍で先発再調整が妥当でしょう。

    前半戦最後は先発を4人で回しましたが、今後は避けて欲しいです。高橋光、松本航、今井の3人については中6日の感覚で7回120球を目安に起用して欲しいです。ニールは100球ちょっとなら7回まで投げさせて欲しいです。先発4本柱でいかにイニングを稼ぐかが大切です。リリーフは勝ちパターン、ビハインド担当、投げる回をある程度しっかり決めてやらないと混乱の元です。圧倒的な力を持つ投手は少ないので役割分担を明確にすること、野手の一軍登録人数を減らしてリリーフ投手を厚くすること。野手もそうですが、二軍との連携を密にして、調子の良い選手を良い状態の時に送り出して起用する事が大切になります。

    現有勢力をフル活用することしか道はありません。特定のメンバーに思い入れを強く持つことは自滅の道です。辻監督、西口投手コーチの意識改革を求めます。

    • sakano より:

      後半戦は増田達至次第ですね。
      リーグ戦再開までに一軍復帰出来るのか?です。
      勝ちパターンは3人、出来れば4人は欲しいですからね。

      左投げのリリーフはM.ダーモディが二軍でどのくらいマシになるか?です。

      佐々木健は先発は無理でしょう。
      一軍で先発として考えるなら今年中は二軍でしょうね。
      先発としては戦力として考えない方が良いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました