松本航が序盤から大量失点【マリーンズ戦・13回戦】

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

試合結果

敗北


先発の松本航が初回に先頭打者本塁打とタイムリーで2失点、2回に押し出し四球と満塁本塁打で5失点の計7失点です。

勝てないですよ。

序盤にこれだけ失点されたらね。

 

松本航が7失点したのに1点差まで追い上げましたよ。

ただ金子侑司ではなく岸潤一郎を起用していたらとか選手起用の問題が出ました。

何故、愛斗にC.スパンジェンバーグを代打で起用は意図が良く分からないです。

 

リリーフ投手は頑張ったと思います。

左打者に武隈祥太を登板とか同じ失敗は有りましたけどね。

 

1戦目でこの2連戦の勝ち越しの可能性が消えました。

岩下大輝から5得点だったのに負けました。

誤算ですよね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    松本の独り相撲で負けました。
    2回の荻野に逃げてのフォアボールここですねやり返すという強い気迫がないプロはスキルとスタミナと度胸のないピッチャーは1人前にはなれないです。
    そのあたりが明らかに松坂と大違いです。

    • sakano より:

      松坂大輔は甲子園で優勝など場数を踏んでたので比べたら駄目です。
      レベルも格も違い過ぎます。
      松坂大輔と比べられるのはダルビッシュとかだと思います。

      • TN より:

        逃げては駄目と指摘したかったのです。
        心技体の心はどの投手でも真似はできます。
        松本に限らずどの投手にも言えることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました