山川穂高の復活が無いと浮上は無理

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

チームが浮上する為には山川穂高が一昨年並みに打たないと無理です。

最近では中村剛也を4番で起用してましたが休ませる必要が有ります。

4番が休むのはちょっとね。

4番には残り試合を全て出て欲しいです。

最終的には山川穂高が4番というのが一番だと思います。

その為には山川穂高には復活して貰わないと困ります。

山川穂高以外に4番を打てる選手が居ればその選手でも良いですけども他に居ませんからね。

 

呉念庭や栗山巧が4番を打つのは投手力が有る前提だと思います。

繋げて2、3点得点すれば勝てるチームがする戦術です。

今のライオンズには合わないです。

ランナーを貯めて一発というのを2回くらいして大量得点の野球だの思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    現在在籍する日本人選手の慰留にはお金を出してくれるようになりましたが、新外国人選手をシーズン途中に獲得する意思は球団に無いようです。新外国人野手を取る気配が無い以上、逆転攻勢を掛けて優勝するには山川の復活が欠かせません。

    日曜日の楽天戦の敗戦は、チームとしては乗り切れない今年を象徴する試合でしたが、山川にとっては復活のきっかけにしてもらいたいです。多少打線をいじってきましたが、守備と攻撃の安定性を考えれば、1番セカンド外崎、2番ショート源田、3番キャッチャー森、4番ファースト山川、5番サード呉で上位打線は固定してもらいたいです。下位打線は6番DH中村、7番レフト栗山のレジェンドの骨と牙コンビで若い上位打線をバックアップし、8番ライト愛斗、9番センター岸(川越)といった形で固定して欲しいですね。逆の意味で固定しなければならないのは、スパンジェンバーグと金子侑司の控えです。二人は基本的に代走です。スパンジェンバーグは2アウトなら一発狙いの代打、金子侑司はピンチバンターとしてなら代打もありです。先発出場は今後は禁止してもらいたい。補欠という守備位置のレギュラーにすべきです。

    木村は左投手キラーとして、ピンポイントで9番センターで起用するのは有りです。故障者だらけで辻監督の思い描いた起用が出来ないのはある程度理解しますが、取り敢えずあれやこれや入れ替えてみようでは無く、誰にどのような役割を期待し、戦っていくのか明確にしないといけません。それもただの直感では無く、ある程度データに基づいたものであって欲しいです。取り敢えず何かやってみたという采配では選手が混乱するだけですし、ギャンブルでしかありません。

    先に述べた打順を基本に終盤は山川を下げて、ファースト呉、サードブランドンの布陣を敷きたいです。栗山は川越か岸を守備固めに起用すべきです。栗山が2000本安打を達成したら無理せずに休ませながら、高木渉を先発レフトで起用して欲しいです。

    何度も繰り返していますが、今年は一軍定着した呉と愛斗は最後まで使い続け不動のレギュラーに育ててもらいたいです。それが勝利に確実につながります。スパンジェンバーグや金子侑司の起用はたまには勝利に貢献するかも知れませんが、その何倍以上に相手の勝利に貢献します。2人にこれ以上の伸び代はありません。2人は補欠というレギュラーにしておく必要があります。その上で、岸、川越、高木渉の3人を一軍戦力として芽を出させるようにすべきです。外野手の打力向上が攻撃力アップの鍵です。間違っても打てる外野手が欲しいからと外崎を外野で起用する愚は犯さないことです。12球団一の二遊間を自ら崩してどうするのでしょうか?固定すべきはトノゲンの二遊間です。金子、スパンジェンバーグを先発起用することではありません。

    センターラインを高いレベルで固定する事、これこそが後半戦の逆転攻勢の鍵です。センターは若林の故障による長期離脱で固定は難しいですが、キャッチャー森、セカンド外崎、ショート源田は怪我、疲労感、違和感以外の理由で崩すことは自滅采配です。それと同時に山川を4番固定する事です。不調時のリカバリーのためには有能な嶋三軍野手コーチを一軍チーフ打撃コーチに抜擢することです。自分で野手の起用を仕切りたい辻監督には不満でしょうが、勝ちたいなら使える物は何でも使えくらいの懐の深い発想がないと日本一はおろか、クライマックス進出も遠のくでしょう。

    • sakano より:

      センターを愛斗で固定でも良いと思います。
      本当にセンターラインは固定したいのでね。
      愛斗のセンターの動きはは悪くないです。
      クッションボール処理が意外と上手かったのは驚きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました