また中継ぎで負けた【イーグルス戦・12回戦】

2021年・公式戦
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

試合結果

敗北


同点の場面で十亀剣がランナーを貯めて武隈祥太が一発を打たれました。

問題はランナーを貯めた十亀剣ですね。

十亀剣は駄目だと思います。

あまり抑えられないです。

 

佐々木健もリリーフで速くて140キロ中盤では無理です.

コントロールも悪いです。

話にならないです。

 

山川穂高が本来を打ったのは良い事です。

今日(7月11日)の本塁打をきっかけに復調してくれませんかね?

長距離打者は本塁打をきっかけに変わる事が有りますからね。

 

Z.ニールは試合を作るピッチングはしました。

6回までを3失点でしたからね。

初回の先頭打者に三塁打を打たれた時はどうなるかと思いましたが何とか3失点でまとめましたね。

勝てそうな感じでしたけどね。

勝てそうな試合を落とすから今の順位なんでしょう。

今日(7月11日)は悪くても引き分けにする試合でした。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    ニールがクォリティスタートを達成したのに何をやっているのかですね。十亀は第二次伊原監督時代にも抑え起用をされましたが、適性を欠いてお役御免になっています。とは言っても、今は先発としては期待されていないので、中継ぎで頑張っていましたが、やはりあまり向いていないようですね。基本は球威で抑え込むタイプなので球威が落ちてきた今では、ある程度力のある球が程々にストライクゾーン近辺に散らばっていれば抑えられる。球威不足でストライクボールが見切られたら今日のようになるというだけですね。要は日替わりメニューです。前回は良かったけれど、今日はさっぱりという選手です。

    武隈については、辻監督がもう少し慎重に投げて欲しいと言っていましたが、そうではなく、鈴木大地は今年左投手との相性が良いのになぜ武隈を送ったのかということが問題です。左投手の左打者に対する優位性は確かにまだありますが、昭和末期ほど圧倒的優位では無くなっています。左打者に対して、判で押したように左投手をぶつけるのは分析の甘い采配です。西口コーチがそう進言しているのか?それとも辻監督の強い希望で決定しているのか分かりませんが、左右投手別打率くらいは素人でも見られるデータなのですから、よく見て判断して欲しいです。

    瀧中については、また、3点しか取れませんでしたね。山川がホームランを含めて2本ヒットを打った以外は凡打の山を築きました。柘植捕手は瀧中投手と社会人時代ずっとバッテリーを組んでいたのですから弱点の一つや二つ情報を流して欲しいです。打撃コーチに遠慮しているのか、それとも弱点を良く覚えていないのか分かりませんが、一緒にバッテリーを組んでいて弱点を覚えていないならあまりに寂しいですね。

    最後に、佐々木健投手は、ドラフト2位・大卒社会人としてはあまりに寂しい内容です。富士大4年の時は活躍していて魅力を感じたのですが、社会人では安定感を欠き、実績を残せませんでした。地方大学野球リーグだから圧巻の投球が出来ただけなのかも知れません。ただ、巨人の高橋優貴投手は佐々木健投手と同じ大学リーグ所属で今、巨人でブレークしているので、佐々木健投手の資質の問題かも知れません。伊藤翔もそうですが、潮崎氏の一推しだそうで投手コーチの資質のみならず編成担当としての資質をも疑います。

    調子が上がってきた浜屋投手、ベテランの内海投手を起用した方が遙かに良いです。

    山川の復調の兆しだけが良い材料の試合でした。

    • sakano より:

      瀧中瞭太の弱点は無いと思います。
      癖などは徹底的に無くすタイプでしょう。
      ボールを小さく動かして内野ゴロを打たせるタイプなのでね。
      それに癖が有ったとしてもプロ入りした時に修正されるでしょう。

      佐々木健は故障が全てだと思います。
      どんな投手でも故障したら別の投手のようになりますよ。
      大石達也二軍投手コーチと同じだと思います。
      プロ入り前に故障されたらどうしょうもないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました