ジャイアンツの炭谷銀仁朗がイーグルスにトレード

他球団
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

読売ジャイアンツの炭谷銀仁朗が埼玉西武ライオンズにトレードだそうです。

酷い事をしますよね。

FAで読売ジャイアンツに移籍したのにトレードで放出というのはどうなんでしょうか?

炭谷銀仁朗を石井一久監督が欲しがったのでしょう。

バッテリーを組んでましたからね。

 

懸念する事はデータ面ですね。

炭谷銀仁朗が移籍して時間が経っているので細川亨が福岡ソフトバンクホークスに移籍した時のような事は無いと思いますけどね。

 

元ライオンズの選手がトレードという事で記事を書きました。

それもFAで移籍した選手ですからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    西武から選手を引き抜くのが大好きなGMの西武潰しですね。オーナーのお気に入りとは言っても、今年結果を残さないと首ですから、叩ける相手のデータを持っている炭谷を欲しかったのでしょう。また、炭谷と気脈を通じた選手の引き抜きにも活用したいのでしょう。何が何でも楽天を叩き潰さないといけません。

    ソフトバンクもオリックスも敵ですが、憎くはありません。ただし、楽天は許しがたい物があります。

    • sakano より:

      炭谷銀仁朗が持っている情報は古いので大丈夫だと思いますけどね。

      ルール違反では無いので構わないのですが東北楽天ゴールデンイーグルスファンはこれで優勝して喜べるのでしょうかね?

  2. YOSHIKI より:

    西武も球団買収時は野村克也、田淵幸一、山崎裕之と他球団のベテランを獲得しましたが、色々な球団にまたがっていました。ここまでえげつなく特定球団から引き抜くことはありませんでした。そのベテランがいる間に石毛、辻、伊東、秋山といった中軸を育てました。楽天は球団創設17年目になるのに生え抜きの野手が育っていないです。投手も生え抜き中心選手と言えるのは則本、松井くらいでしょう。未だに田中将大の栄光にすがるしか無い有様です。もし仮に楽天ファンならこれで勝っても物足りなさを感じるでしょう。

    ルールの範囲内とはいえやりきれないです。そもそも岸投手の獲得については当時の球団首脳がメディアで話が決まっていると事前交渉を公言していたので、それ以後FAで獲得した選手もルール通りだったかは疑わしい限りです。震災復興のはなむけの日本一は2013年の1回だけで十分です。これからは楽天を何としても叩きつぶしたいですね。

    • sakano より:

      岸孝之関したは故星野仙一氏の政治力ですね。
      あの人は監督というよりかは選手を集めたりする手腕に長けてました。

      FAに関しては分からないものです。
      栗山巧とか関西出身だからFAで移籍するだろうと思ってたら残りましたし、片岡治大は人見知りだから残ると思ってたら移籍しましたからね。
      浅村栄斗も宇宙人で独特の感性が有るから移籍しても馴染めないと思ってたので移籍する事に驚きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました