7回に武隈祥太と十亀剣が打たれる【バファローズ戦・11回戦】

2021年・公式戦
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

試合結果

引き分け


7回裏に武隈祥太が本塁打、十亀剣が三塁打の後にタイムリーを打たれました。

武隈祥太と十亀剣の失点で同点に追い付かれました。

今井達也の勝利投手の権利も消えました。

結局は平良海馬に繋ぐまでの継投ですね。

森脇亮介とか渡邉勇太朗を我慢して使うしかないと思いますけどね。

森脇亮介と渡邉勇太朗なら打たれてもまだ納得出来ます。

 

得点は柘植世那の2ランとブランドンのタイムリーだけでしたね。

金子侑司の打撃はどうなんでしょうか?

良い当たりでしたけどもレフトフライを2本です。

右打席に長打が有るのは分かりますけども役割は出塁ですよね。

 

先発の今井達也はそこそこのピッチングでした。

四球が多いのはしょうがないので何も文句は無いです。

4個前後の四球は毎試合覚悟してます。

ただ球審は辛かったと思います。

 

平良海馬は37試合連続無失点です。

京セラドーム大阪のマウンドは投げ難いみたいですね。

1人目の打者にはコントロール出来てないです。

ブルペンのマウンドと高さや傾斜角が違うとかですかね?

先頭打者を四球で出したので失点すると思ってました。

3連投はするのでしょうかね?

次の試合で無失点だったら日本記録に並びますよね。

勝てた試合でした。

勝てた試合を引き分けにしてしまう事が多いですね。

だから浮上出来ないのでしょう。

一応、まだ勝ち越しをするチャンスは有ります。

明日(27日)ですね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました