終盤に逆転劇で京セラドーム大阪で今季初勝利【バファローズ戦・10回戦】

2021年・公式戦
スポンサーリンク

試合結果

勝利


京セラドーム大阪で今季初勝利です。

 

8回表に栗山巧の同点タイムリー、9回表には山川穂高の勝ち越しタイムリーとC.スパンジェンバーグの追加点になるタイムリースリーベースで逆転しました。

山本由伸は攻略出来ませんでしたけどもリリーフは攻略する事が出来ましたね。

文句を言うとしたらC.スパンジェンバーグが三塁打を打ってノーアウト三塁なのだからもう1点欲しかったです。

能見篤史は良かったですけども外野フライもしくはスクイズとか無理だったのでしょうかね?

 

同点のきっかけを作った金子侑司の四球は粘ってからの四球でした。

この打撃を普段でも出来ればね。

 

髙橋光成は尻上がりに良くなりました。

これで良いと思います。

8回まで投げる事が出来ましたし、結果的には勝利投手ですからね。

ピッチングの内容では山本由伸には負けましたけども髙橋光成の方が長いイニングを投げた結果だと思います。

 

平良海馬は36試合連続無失点ですね。

日本記録まであと2試合です。

平良海馬は岡田雅利と組ませた方がピッチングのパターンが広がると思います。

森友哉は左打者のアウトコースに落とすとかしないですよね。

岡田雅利の方が配球に巧さが有ります。

 

山本由伸は攻略出来ませんでしたけども打てなくて当然のボールを投げてますよ。

 

森友哉はベンチ外でしたね。

左肩が悪いようです。

大丈夫ですかね?

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました