1勝1敗という結果は残念【カープ戦・2、3回戦】

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

広島東洋カープとの2連戦は1勝1敗という結果になりました。

広島東洋カープとの3試合は1勝1敗1分ですね。

 

1勝2分に出来た可能性が有ったので1敗には不満が残ります。

3回戦の試合でR.ギャレットが2ランを打たれたのがね。

セットアッパーとしては駄目かも知れません。

 

2回戦の試合では與座海人が好投しました。

今後の起用は中継ぎなのでしょうか?

それとも先発で起用するのでしょうかね?

打線は岸潤一郎を1番から外さなければ良いと思います。

18日からは源田壮亮も復帰する予定ですからね。

川越誠司が代打で本塁打を打っているのでリーグ戦再開後はスタメンでも見てみたいですよね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました