呉念庭が勝ち越しのタイムリー【ドラゴンズ戦・3回戦】

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

8回裏の同点の場面で呉念庭が勝ち越しのタイムリーを打ちました。

打順とか関係無く、チャンスの場面では良く打ちますね。

打率の方ももうすぐ3割ですよ。

セカンドの守備でも好守備が有りましたし、走塁では山川穂高の犠牲フライで一塁から二塁に進塁も有りました。

 

先発のZ.ニールが好投でした。

間隔が空いたのに隔離前よりも良いピッチングでした。

ボールが動いて内野ゴロを打たせてましたね。

間隔が空いてなければ7回も投げられたと思います。

球数は通常ならまだ余裕が有りました。

 

岸潤一郎がまた初回先頭打者本塁打を打ちました。

初球でしたよ。

2本目の先頭打者本塁打ですよね?

 

7回に登板した宮川哲がZ.ニールの勝ちを消しました。

コントロールが出来てませんでしたね。

登板して明らかにピッチングが出来て無かったので交代しても良かったと思います。

変化球は抜けて、ストレートは高めにで抑えるのは不可能でしたよ。

これだから宮川哲は大事な所を任せられないのです。

 

平良海馬はまた別記事で触れます。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    4番目の打者・呉念庭が、またもや驚異の勝負強さを見せてくれました。確かに本人も言うとおり従来のイメージの四番打者ではありませんが、ポイントゲッターとして仕事をしているのですから自信を持って欲しいです。(本人は控えめに話しているだけで自信を持ってきていると思いますが。)東尾監督時代の4番鈴木健、5番マルティネスみたいな感じになってくると思います。

    呉や愛斗、岸の台頭がチームに活気をもたらしてきていると感じます。外崎が戻って来たとき、打てなければ山川が外され、ファースト呉、セカンド外崎という配置になるかも知れません。危機感からか、オーバースイング上等(いわゆるマン振り)だった山川が犠牲フライを打って最低限の仕事をしました。(本来はあれをバックスクリーンに放り込んで欲しい。)金子侑司も3打数1安打1犠打と2番打者の仕事をしました。第1打席のサードライナーも良い当たりでしたし、内容は悪くありません。外崎が外野を守ることになれば控えに弾き出されるのは自分だという金子の危機感ではないでしょうか。また、中村、メヒアが代打陣にいるベンチは相手にとっては脅威でしょう。怪我人が多く出るのは首脳陣の悩みですが、それをきっかけに選手層が厚くなるのはまた、首脳陣に嬉しい悩みをもたらします。

    宮川は去年の勤続疲労からか調子が良くないです。日替わりで出てみないと良いか悪いか分からないです。まずは、森脇と田村を入れ替えるのが先ですが、もし、平井をリリーフ復帰させ得るなら、宮川も入れ替えるべきですね。平井を先発で再調整させるにしても、ダーモディを中継ぎに回せば、宮川を再調整させられます。

    ニールに勝ちを付けてあげられなかったのは残念ですが、ニールの復活の目処が立ったのは朗報です。明日、與座が谷間の先発に抜擢されましたが、與座が結果を残せば、高橋光、今井、ニール、松本航、内海、與座で先発陣を組めます。さらに二軍で好調の本田が控えています。再調整の平井もいます。交流戦が終われば、また、週末にはリーグ戦再開ですが、オリンピック準備日程ですかすかです。先発の枚数が少なくて回せるので再編および疲れが溜まっている選手の再調整にはもってこいです。

    広島戦に連勝して、勝率5割でリーグ戦再開を迎えたいところです。

    • sakano より:

      山川穂高は三振か本塁打のような打撃で良いです。
      山川穂高が打てない時は他の打者がら打てば良いですし、それが打線だと思います。

      宮川哲の昇格も良い状態だから上げた訳ではないですからね。
      他に居ないからでしたよね。
      そもそも増田達至がこんなに時間が掛かるとは思いませんでした。

      • YOSHIKI より:

        山川が四番に復帰して定着したいなら、三振かホームランの打撃をしていたら駄目ですね。基本的に長打狙いで構いませんが、追い込まれたら犠牲フライやシングルヒット、フォアボールを選んでつなぐ。それが出来ての四番です。

        長打力が劣っていても、呉や栗山を四番にしたのはそういった所です。

        長打狙いは構いませんが、ケースによってチーム打撃が出来るかが大切ではないでしょうか。

        • sakano より:

          4番は打率.250、40本塁打、100打点、140三振の成績で良いと思います。

          ケース打撃をするのは5番打者に求めます。
          個人的には呉念庭は5番にピッタリです。
          A.カブレラの後の和田一浩、G.ブラゼルの後のG.G.佐藤のように5番には打率も望みます。

          森友哉と呉念庭で山川穂高を挟む形が一番良いと思ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました