6点差を追い付いて引き分け【ベイスターズ戦・2回戦】

スポンサーリンク
2021年6月9日 埼玉西武対横浜DeNA 試合ハイライト

6点差を追い付いて引き分けにしました。

原動力は愛斗と山田遥楓の3安打3打点の活躍ですね。

E.メヒアもタイムリーツーベースを打ちましたし、呉念庭は同点のタイムリーを打ちました。

5番から9番だけで8得点です。

 

同点劇を呼び込んだのが渡邉勇太朗の好投です。

プロ初登板で好投でした。

逆転してくれたらプロ初勝利も有ると期待してましたが世の中そんなに甘く無いですよね。

 

先発のM.ダーモディはボールが甘かったですね。

打たれたボールは打たれて当然というコースです。

先発は無理ですよ。

松本航のように全力で投げなければならない投手ですけども全力で投げると2回までが限界でしょう。

松本航はアマチュアで先発の経験が有るのでスタミナが有りますけどもM.ダーモディは長いイニングを投げるにはどうしてもスタミナを温存しなければならない投手ですよね。

根本的に先発に向いて無いです。

 

森脇亮介が打たれてますよね。

コントロールが去年よりも悪いです。

早めの登板も良くは無いです。

4回から登板するとロングリリーフを想定しますよね。

今の森脇亮介は1イニング限定で集中させた方が良いと思います。

 

今回の引き分けは負け試合を追い付いた形ですからね。

負けるよりかは引き分けの方がマシです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました