レフトはC.スパンジェンバーグ以外を起用して欲しい

スポンサーリンク

レフトはC.スパンジェンバーグ以外を起用して欲しいです。

C.スパンジェンバーグはそこまで打たないでしょう。

2年目で今の打撃では限界が見えたと思います。

去年の後半の打撃が出来れば良かったのですが無理のようですからね。

 

指名打者が使えたら栗山巧は指名打者で起用されるでしょう。

中村剛也は腰が心配ですけどもサードだと思います。

 

レフトは川越誠司を筆頭に高木渉を昇格させて使っても面白いです。

ブランドンは二軍でレフトの練習をして欲しいです。

外野フライに慣れたらレフトなら起用可能です。

外崎修汰が復帰したらレフトで呉念庭起用するという選択肢も有りますがまだ先の話です。

 

金子侑司のレフト起用は無いです。

有ってはならない事です。

レフトは打撃重視です。

長打を打てる選手を起用すべきです。

 

C.スパンジェンバーグはサードとレフトの予備としてベンチに居て貰えば良いです。

他に使い道が無いです。

外国人野手は打てなければ話になりませんからね。

C.スパンジェンバーグが打てないからしょうがないです。

ショートを守れたら面白かったと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    スパンジェンバーグはヤクルト3回戦で降板する森脇の所で代打に出してもらえないくらいですから信頼度は低いですね。昨日ホームランを打ちましたが、出たとこ勝負みたいな選手ですから。内外野を守れる俊足好打の選手という触れ込みでしたが、そんな良い選手なら日本には来ないわけで、何かあると思いましたが、まず内外野守れますが、どこもあまり上手くない。一番まともなサードでさえ昨日も後方の内野フライを取り損ねる失態をしています。足は速いが無鉄砲、守備も一生懸命走るが、他の選手の守備範囲に割り込み邪魔をする。自分の守備範囲のボールを取り損ねる。足が速く、肩が強いから時々ファインプレーをする。だから、そこだけを見れば良い選手に見えるだけといった感じでしょうか。

    以前も言いましたが、フル出場が苦しい中村、栗山のバックアップ要員です。バックアップの二刀流でしょう。また、中村が足を少し痛めたようなので、今日はサードで出場するかも知れません。

    レフトはsakano様が仰る通り、川越、高木渉で良いと思います。髙木は故障明けなので、ラストチャンスも兼ねて川越を使って欲しいです。立場が微妙なのは二軍に落ちている鈴木将平です。守備は悪くないですが、肩はプロの外野手としても強くないですし、足は速いはずですが盗塁出来ません。かつての石川貢外野手と同様に伸び代が無いと判断されれば早い段階で戦力外かも知れません。川越選手は野手転向が遅いので、微妙な年齢ですが、長打力、肩、足とスペックが揃っているのでまだ大化けのチャンスがあります。ヤクルトの雄平外野手くらいの活躍は出来るかも知れません。

    スパンジェンバーグは3割20本塁打くらいは打ってもらえないと今季限りで良いです。

    • sakano より:

      今日の試合ではC.スパンジェンバーグはスタメンでしょうね。
      昨日の試合で打ってるので外せる監督は居ないでしょう。

      中村剛也欠場の時は川越誠司とブランドンか渡部健人を相手投手と調子を考えながら上手く併用して試して欲しいです。
      中村剛也欠場中はC.スパンジェンバーグは起用されると思うので空いたポジションをせめて若手の試しの場にして欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました