リリーフの役割を決めて欲しい

スポンサーリンク

リリーフの役割を決めてそれを投手本人に伝えて欲しいです。

 

東京ヤクルトスワローズ戦のように普段は5回以降の登板をしている森脇亮介を4回から投げさせたり、中継ぎの役割が主だった宮川哲をセットアッパーを使うとか急に役割を変えてしまうのはどうなんでしょうか?

投手にこの展開になったら登板する可能性が有るから準備しといてと試合が始まる前に伝えるべきです。

辻発彦監督の投手起用はその場で判断というのが多いと思います。

準備は大事です。

体の準備もですけども心の準備も有りますからね。

役割も中継ぎ、勝ちパターン、抑えとちゃんと決めるべきです。

今は中継ぎと勝ちパターンが一緒になってます。

ビハインドで登板する投手が勝ちパターンで投げたりとメチャクチャです。

なぜ去年は森脇亮介、平良海馬、増田達至の勝ちパターンがハマったかというと登板する回が決まってたので準備し易かったというのも有ると思います。

抑え投手は投げる回が決まってるから調整や準備は楽と経験者は発言してますよね。

先発投手が早めに崩れた時はこの投手、ビハインドの時はこの投手が登板するという風に決めるべきです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました