スワローズ戦【1〜3回戦】

カードのまとめ
スポンサーリンク

東京ヤクルトスワローズとの3連戦は1勝2敗で負け越しました。

勝ち越せるチャンスでしたけどね。

 

打線は活発でした。

本塁打が多かったですね。

そして岸潤一郎が1番で定着したのが大きいです。

呉念庭も息を吹き返して2試合連続の本塁打を打ちましたからね。

 

先発投手は神宮球場のマウンドに苦労してましたね。

特に雨が降る中で投げたら髙橋光成と上間永遠は苦労してました。

神宮球場のマウンドが硬いので雨が降って濡れると滑るのでしょうね。

球速が本来よりも落ちてました。

距離感を掴むのに苦労するのに滑るというのは厳しかったでしょうね。

そして狭いです。

恐らく髙橋光成と上間永遠は雨だったのでマウンドで試しとかも出来なかったでしょう。

色々と重なって悪循環してしまったと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました