先発が弱いならリリーフで何とかする

スポンサーリンク

先発投手の数が足りないならリリーフで何とかするしか無いと思います。

先発投手は最低でも5回まで6回からは継投ですかね。

それなら多少力が落ちる先発投手でも何とかなると思います。

 

本当に居ないとなったら中4日、中5日で回すしかないでしょうね。

4人を基本に2人を抹消しながらです。

球数を100球までという制限付きですけどね。

日曜日月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
髙橋光成今井達也
上間永遠松本航髙橋光成今井達也上間永遠内海哲也
松本航髙橋光成今井達也上間永遠松本航本田圭佑
髙橋光成今井達也上間永遠松本航髙橋光成内海哲也
今井達也上間永遠松本航髙橋光成今井達也本田圭佑
上間永遠

M.ダーモディをリリーフに回してリリーフを整備した方が良いと思います。

抑えは平良海馬、8回は森脇亮介、7回はM.ダーモディ、6回はR.ギャレットですかね。

他にも宮川哲、武隈祥太、十亀剣が居る訳ですからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    中4日体制はかつて潮崎元一軍ヘッドコーチ兼投手コーチが提唱し大顰蹙でしたし、反対の立場です。

    大切なのは先発3本柱、髙橋光、松本航、今井の3人が7回120球をしっかり投げるということです。リリーフは確かに整備されてきましたが、去年リリーフを酷使しすぎたせいで、今年は増田、森脇、宮川が不振に悩まされています。それに比べ先発陣は甘やかされています。単純に疲れが見え始める5回に内容が落ちると慌てて先発投手を代えようとしてしまうのが良くないです。今年は増田が不振で離脱して、リリーフが不足気味な所があるため、先発を引っ張るようになりましたが、心配に反してある程度投げられています。

    ニールが戻れば、4本柱は安定します。残り2枠を内海、平井、本田、上間で出場選手登録と抹消を繰り返し隔週で先発登板し6回まで投げられるようにして欲しいですね。先発が5回を待たずに降板した場合は十亀、與座、佐野、伊藤翔の4人を中継ぎロング要員として1周り(3回)は投げさせるようにすることが大切です。ワンポイント起用は正直リリーフ投手を消耗する割には好結果につながらないので控えるべきです。一見采配を工夫しているようですが、無駄が多いでしょう。武隈や小川の登板も1回を基準に考えるべきです。敗戦処理は松岡、田村に任せてそれ以外の投手を消耗しないようにしないといけないです。宮川もリリーフ時代の平井のように酷使されていますが、火消し役に絞って使わないと疲労でパフォーマンスが落ちてしまいます。役割分担の明確化と計画化が投手陣安定の鍵です。

    戦力の最大化を図るなら、一軍、二軍と明確に線引きするのではなく、入れ替えを活発に行い、適宜休ませながらコンディションの良い選手を登板出来るように工夫して欲しいです。辻監督、西口投手コーチはその辺りのマネジメントが下手な気がします。

    • sakano より:

      中4日はZ.ニール復帰までの限定です。
      交流戦で1週で1勝の今の現状はちょっとね。
      良い投手をなるべく多く登板する様にした方が勝てます。

      先発投手に5回までもしくは100球までという制限をすればそこまで疲れは出ないと思います。
      その起用が駄目ならMLBはどうなんだ?という事になります。

      先発投手が居ればこんな方法は提案しないです。
      苦肉の策です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました