リリーフで勝てるように

雑談
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

リードしていてリリーフが打たれて負けるのはダメージが大きいですよね。

せめて勝ちパターンの継投になった時は確実に勝たないと浮上は無理です。

抑え

抑えは素直に平良海馬にした方が良いと思います。

辻発彦監督はまだR.ギャレットの配置転換をしないと考えてるみたいですけども抑えられるのは明らかに平良海馬です。

R.ギャレットが駄目とは言いませんけどもやっぱり適正が有ると思います。

セットアッパー

セットアッパーはこの投手というのが居ません。

森脇亮介はまだ状態が去年よりも悪いですし、R.ギャレットは抑えで打たれてます。

個人的にはM.ダーモディをリリーフに回して8回を任せられたらバランスが良くなると思います。

継投の順番

継投の順番はR.ギャレット、森脇亮介、M.ダーモディ、平良海馬が良いと思います。

R.ギャレット、森脇亮介、M.ダーモディは疲れ具合や調子などを考慮しながら順番を変えても良いです。

これに増田達至が戻れば余裕が出来て誰かがら休む事が出来る環境が出来れば良いと思います。

宮川哲や武隈祥太も上手く使いながらですね。

先発投手

6回から継投出来れば先発投手が多少しょぼくてもなんとかなると思います。

髙橋光成、今井達也、松本航は可能な限り長いイニングを投げて欲しいです。

この3人以外は内海哲也、上間永遠、佐々木健、本田圭佑などで上手く回すしかないと思います。

Z.ニールも6月中旬には復帰出来るでしょう。

本当は外国人投手を補強して欲しいです。

平井克典はロングリリーフで良いと思います。

敗戦処理

敗戦処理を誰か1人若手投手を一軍に置いて欲しいです。

この投手が登板したら何点失点しても交代せずに最後まで投げさせるというのが役割です。

渡邉勇太朗でも井上広輝でも良いです。

先発タイプの投手ですよね。

負け試合は割り切って諦めるというのも必要だと思います。

負け試合でリリーフ投手を消耗しない為にです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました