リリーフ捕手は必要

スポンサーリンク

リリーフ捕手の起用は必要だと思います。

森友哉ではまだリリーフのリードは荷が重いと思います。

終盤になると1失点が命取りです。

後逸でランナーを進めてピンチにするなど言語道断です。

 

森脇亮介やR.ギャレットはフォークを投げる投手です。

あんなに後逸する所を見たらフォークのサインに首を振られますよ。

首を振らなくてもワンバウンドしないような中途半端な高さに投げますよね。

フォークは腕が振らないと打ち易い変化球です。

フォークを投げる投手には低めにワンバウンドしても止めてくれるという信頼が無いと組めません。

その信頼は今の森友哉には無いですよね。

フォークなど落ちる変化球を投げてくれないと配球にも影響が出ます。

その出た影響が今日(28日)のR.ギャレットです。

リリーフ捕手は岡田雅利で良いと思います。

ブロッキングも問題無いですし、リード面も引き出しが多いです。

岡田雅利と組んでも打たれて自信を無くしたR.ギャレットや森脇亮介が良くなるとは思えないですけども森友哉と組むよりかは良い方向に進めると思います。

まずは抑えて自信を取り戻す事からだと思います。

 

森友哉は試合前にブロッキングの練習です。

練習している所を投手に見せて信頼して貰わないと良いリードば出来ません。

谷繁元信氏も佐々木主浩氏のフォークが止められずに組む事を拒否されてた頃は試合前にブロッキングの練習をして佐々木主浩氏にアピールしてたみたいです。

ちなみに佐々木主浩氏が谷繁元信氏を拒否した時に組んでたのが秋元宏作二軍バッテリーコーチです。

リリーフ投手が登板すると捕手も交代というのは良くある話です。

福岡ソフトバンクホークスでも甲斐拓也から高谷裕亮に交代してました。

なのでD.サファテと組んでたのは高谷裕亮です。

1人の捕手で1試合というのは時代遅れなのかなぁと思います。

交代しない捕手は古田敦也氏とか晩年の谷繁元信氏くらいのリードが出来る捕手です。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    リードはとかく結果論になりがちですし、難しい部分もあります。構えた所と違う場所に来て打たれて、リードが悪いと言われては元も粉もありません。また、今年は盗塁阻止率でも甲斐と高いレベルで争い2位に付けています。パスボールも1個だけです。

    ただ、sakano様が仰るように昨日のワイルドピッチ4個のうち一つも止められなかったのかと言われれば、そうじゃないだろうという思いもあります。リリーフ捕手も一つの考えですが、週1で森選手以外の起用も考えるべきかとは思います。また、広島戦の悪牽制送球といい、疲労が溜まっている気もします。今年は怪我から回復して岡田選手も打撃好調なので週1くらいの先発マスクはあっても良い気がします。

    併せて先の話にはなりますが、今秋ドラフトで、関西大・久保田拓真捕手、早稲田大・岩本久重捕手などの獲得もあっても良い気がします。レギュラーシーズン143試合+クライマックス+日本シリーズと160試合近く守る可能性がある以上、森が正捕手であっても第二捕手、第三捕手のレベルアップは欠かせないと考えるからです。もちろん柘植捕手の成長も含めて考えていますが。

    • sakano より:

      森友哉を休ませる日が有っても良いとは思いますけども森友哉をベンチにというのは打線を考える困ります。
      森友哉は打者としては絶対に必要です。
      森友哉に捕手を守らない日はレフトを守るなら有りです。

      今年のドラフト候補選手で作戦捕手は今の所は不作ですね。
      2位指名くらいで捕手を指名して欲しいのですが高校生しか候補として挙がらないです。
      中央大学の古賀悠斗が思ったよりも伸び悩んでいるのがね。

  2. TN より:

    やはり岡田の起用を柔軟に考えるべきです。
    さて今日ひなんとか勝ちました。
    増田が復帰しても平良が抑えでいいはずです。
    おかしかったのは最初から若林にバントさせないとあの回にあと1点取れていたらもっと楽な展開でした。
    気になるのは今井は左腕です大丈夫だといいけど。

    • sakano より:

      平良海馬が抑えの方が良いですけども
      辻発彦監督はR.ギャレットの配置転換はしないみたいですよ。
      平良海馬が抑えで投げたのはR.ギャレットが投げられないからで、投げられる状態なら抑えはR.ギャレットを使うのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました