カープ戦は1試合だけ [1回戦]

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

広島東洋カープ戦は結局、1試合しか出来ませんでした。

広島東洋カープの新型コロナウイルスの問題で25日と26日は試合が出来ませんでした。

1戦目

源田壮亮が新型コロナウイルスに感染して先発予定だったZ.ニールが接触者という事でM.ダーモディが緊急先発をしました。

他にも佐野泰雄、柘植世那、愛斗、木村文紀、金子侑司、熊代聖人が接触者という事でベンチ外になりました。

そのような状況での試合でしたが中継ぎが打たれたり、守備のミスが有ってリードしたのを追い付かれて最終的には引き分けでした。


広島遠征は新型コロナウイルスに振り回されてますよね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました