ファイターズ戦は2勝1敗 [7〜9回戦]

カードのまとめ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

北海道日本ハムファイターズとの3連戦は2勝1敗という結果になりました。

勝ち越しなので良いですけども出来れば3タテして欲しかったです。

1戦目

先発の髙橋光成が好投をして5勝目を挙げました。

攻撃では山川穂高の先制ソロHR、中村剛也の逆転の2点タイムリーツーベースなどで合計7得点と打線が奮起しました。

2戦目

先発の松本航が7回までを1失点の好投でした。

1点リードされた場面でC.スパンジェンバーグが粘って逆転の3ランHRを打ちましたね。

栗山巧の1950安打目のタイムリーと相手の守備のミスで5回裏に5得点しました。

8回裏にも3得点で合計8得点と大量得点でした。

3戦目

R.アーリンを打ち崩す事が出来ませんでした。

源田壮亮と中村剛也が欠場だったのが影響しましたかね。

先発の平井克典は5失点と打たれました。


結局は借金「1」です。

3タテ出来れば貯金「1」だったのですが3戦目で負けましたからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. OD より:

    相手には失礼ですが3タテしないといけないカードでした。
    あの打線を抑えられなかったことは問題ではないでしょうか。
    主力が休んだのはそれぞれに事情があるでしょうし表からは分からないこともあるから仕方ないとしても、3戦目はそれでも取らないといけなかったと思います。

    • sakano より:

      源田壮亮はしょうがないにしても中村剛也はね。
      相手が最下位でもベストなオーダーを組まないと勝てないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました