抑えは平良海馬にして

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

抑えは平良海馬にして欲しいです。

なんでR.ギャレットなんでしょうかね?

リリーフで一番抑える可能性が高いのは平良海馬です。

 

辻発彦監督は平良海馬を相手の打順で登板する回を変えたいから抑えにしませんでした。

9回を抑える事を軽視したからR.ギャレットのリリーフ失敗に繋がったと思います。

 

今季は延長戦が無いので岡田雅利をリリーフ捕手で積極的に起用しても良いじゃないでしょうか?

森友哉と岡田雅利ではリードは岡田雅利の方が優れてます。

経験の差も有るのでこれは当然です。

 

9回に追いつかれたりすると表でも攻撃のチャンスは9裏の1イニングだけでどうしようもないです。

7回とかに追いつかれたら攻撃の手段は有ります。

9回にリードしていたら確実に勝たないと上に浮上する事は出来ませんよね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 匿名 より:

    痛い引き分けの要因は、投手だけの責任ではない。森捕手の危険回避の引き出しが無さすぎる。何故レアードに投げてはいけない半速球であるスライダーを要求するのか。ましてや、ギャレットのスライダーは失投になりやすい危険球である。現状、外スラボール球を意図的に投げれる術は持ち得ない。ここが解消できればクローザーにも成り得る可能性はあると思う。ここ最近、柳田選手への攻めから執拗なインコース攻めが目立つが、角中選手への攻めはどうだったのか?一つ覚えではなく、柔軟性を持つべきである。最後に、0-2カウントで判で押したように高めのボール球要求であるが、打者の視線を外すという意図があるらしいが、時代遅れではなかろうか。0-2から打たれたら罰金ものであるとか無いとかよく言われてきたが、勝負球を放り込むのが正しい気がする。投手としては、有利性を有効に使わない手はない。

    • sakano より:

      R.ギャレットのストレートは走ってたのでストレートとフォークだけでも抑えられたと思います。
      福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也も9回は交代してたくらいなので9回はやっぱり難しいだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました