3得点までの打線

雑談
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今の打線は3得点までしか得点出来ませんよね。

先発投手が3失点をして6回まで投げたら役割を果たしたと言われます。

今の打線は3得点したのでは無く、3点しか得点出来なかったと言った方が正しいと思います。

打線は4得点以上で先発投手を援護したと言われるべきです。

 

中村剛也の3番起用は止めた方が良いです。

3番起用だと3試合ですけども打率が.091です。

11打数1安打なんですよね。

 

3番森友哉、4番山川穂高、5番栗山巧、6番中村剛也の並びが良いと思います。

1、2番は源田壮亮、若林楽人の並びでも良いですし、逆でも良いです。

 

C.スパンジェンバーグは外した方が良いです。

5月の打率が.077と体重以下の数字です。

打率自体も身長以下です。

投手が打席に入ると変わらないですよね。

 

セカンドは呉念庭で良いでしょう。

山田遥楓は打てませんからね。

守りのチームでは無く打撃のチームなので打力重視です。

山田遥楓は守備固めで良いと思います。

呉念庭は守備固めの時はサードを守らせてね。

 

サードは中村剛也を守らせるか、二軍で打っている渡部健人を試しても良いです。

中村剛也はそろそろ休ませないとヤバいと思います。

渡部健人が打てなくてもC.スパンジェンバーグもどうせ打てないのだから一緒かなと思います。

だったらもしかしたら打つかもしれない渡部健人に賭けた方が良いと思います。

 

得点出来ないなら色々と試すしか無いです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました