打順で迷走中

雑談
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

山川穂高が復帰して打順で迷走してますよね。

木村文紀の1番起用、森友哉の2番起用、中村剛也の3番起用と色々とやり過ぎです。

 

森友哉の2番起用は流行りの2番打者最強説を考慮したのでしょうか?

2番打者に打撃型の選手を起用する場合は3番、4番がしっかり機能している状態じゃないと無意味です。

 

中村剛也の3番起用はチャンスの場面では打ちますけども出塁をしてチャンスを作るタイプではないですよね。

中村剛也は4番、5番、6番で起用した方が良いと思います。

 

栗山巧は元々出塁に特化した選手なので出塁をして欲しい打順で起用すべきだと思います。

1番、2番、3番、7番以下で起用した方が良いと思います。

 

木村文紀は代打では駄目なのでしょうか?

L.モイネロが登板した時に代打で起用とか駄目なのでしょうか?

対左投手のスタメンと代打が一番だと思います。

佐藤友亮二軍野手総合兼外野守備・走塁コーチが現役だった時の起用のした方です。

 

打順選手名守備位置
1番呉念庭2B
2番源田壮亮SS
3番森友哉C
4番山川穂高1B
5番中村剛也3B/DH
6番栗山巧DH/LF
7番愛斗RF
8番C.スパンジェンバーグLF/3B
9番川越誠司/木村文紀CF

若林楽人が欠場中はこれがベストだと思います。

オーダーの好みはそれぞれなので絶対ではないですけども3番、4番、5番は皆さんほとんど同じだと思います。

呉念庭と栗山巧の打順が逆でも良いですね。

C.スパンジェンバーグの調子が良くないので下位で使うしかないです。

復調したら6番辺りで起用出来ますけどね。

呉念庭、栗山巧、森友哉を並べても良いと思いますけども機動力を考えたら源田壮亮を上位から外すのは危険かなと思いました。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    打順の迷走と言うより、去年も源田選手が不調時に行った。逆だるま落とし打線です。若林をしばらく欠く中で誰を1番打者にしようか考えた物の、適任がいない。だったら1番打者を省略して2番以下を繰り上げてしまえ!という考えでしょう。ですから、森選手を2番、中村選手を3番、栗山選手を4番にしたかったというより、この並び順を崩したくなかっただけだと思います。結果として個々の選手の打順を見ると違和感の有る形になっただけでしょう。各選手を本来の打順に戻すならば、出塁率の良い呉をセカンドに入れて1番を打たせるしかないと思います。それにしても、若林は大丈夫なのでしょうか?やはり故障が重傷だから、月曜日に一軍登録抹消なんて話にならないと良いのですが。

    木村については強肩と守備力は健在なのでセンターを守らせるのは良いと思います。ただ、1番は駄目です。9番センターなら、悪くないと思います。昔いたヒラム・ボカチカみたいな感じで打率は悪くても、長打力に優れた選手がいれば相手には怖い気がします。川越については、肩も守備も優れた選手です。スパンジェンバーグが打てないなら代わりにレフトで起用しても良い気がします。代走だけでは上げた意味がありませんね。

    • sakano より:

      選手の特徴を考えて適正が有る打順で打たせて欲しいです。

      若林楽人は重傷ならすでに抹消になってるでしょう。
      病院で検査をして軽傷だから一軍に居るのだと思います。
      この3連戦後に抹消したらトレーナーの能力に疑問が出ますし、辻発彦監督の判断にも問題が有るという事になります。

      木村文紀は二軍での打撃は何だったのか?と思いたくなりますね。
      二軍で一軍クラスの投手から打ってましたけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました