オリックス・バファローズ戦9回戦】[2021.5.5]

スポンサーリンク

今井達也が好投

今井達也が8回の2アウトまで2失点の好投でした。

ボール先行でも四球を出さずに打ち取れるようになって来たと思います。

8回の2四球は疲れも影響したかなと思います。

山本由伸を攻略

山本由伸から5得点と攻略しましたね。

被安打10本というのはプロ入りして初めてだそうです。

どれだけ打たれてないの?という思いも有りますが、山本由伸をKOしました。

中村剛也が2打点

中村剛也ぎ2本のタイムリーを打って2打点でした。

長打は打てないですけどもチャンスでは確実に軽打で打っているという感じですね。

平良海馬が完璧

8回の2アウトから登板して回をまたいで9回も投げましたけども3者連続奪三振とセカンドゴロで完璧でした。

4者連続奪三振をして欲しかったですけども最後はセカンドゴロでしたからね。

ただあまり回またぎは止めて欲しいです。

酷使にする事になりますからね。

平良海馬は1イニング限定と決めて欲しいです。

若林楽人が心配

若林楽人が途中交代しました。

2打席目の併殺打の時に足首を痛めたみたいです。

せっかく盗塁でリーグトップなのでここで離脱は気の毒です。

軽症で1日程度で済めば良いですけどね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    快勝でした先取点を取れたのが効果的でした。
    そして今井の力投でした味方が得点した直後にコントロールを乱しての失点はこれからの課題です。
    当分は平良が抑えです。

    • sakano より:

      今井達也は精神面の問題でしょう。
      コントロール出来るようになればエース級なんでしょうけどね。

  2. YOSHIKI より:

    今井が8回2アウトまでゲームを作ってくれたことが全てです。中6日ローテーションですから三本柱の一人である今井にはこれくらいの投球を安定してして欲しいですね。

    山本由伸もそうですし、作新学院時代にエースを争ったDeNA・入江大生もそうですが、ライバルに負けまいと今シーズンは頑張っているように思います。精神論を振りかざすのは好きではありませんが、この気持ちで最低でも自分の背番号くらいは勝ってほしいと思います。

    攻撃陣は森の復調が大きいです。源田も昨日の悔しさを結果で晴らしてくれました。中村は打球が飛ばなくなってきているのか、技術で対処して打点を重ねています。ソフトバンク戦から山川も復帰するでしょうし、警戒が少しでも分散するでしょうから徐々に打球を上げていってほしいですね。

    金曜日からは勝負のソフトバンク戦です。先発は(金)高橋光(土)平井(日)松本航となると思いますが、三人とも7回まで投げて欲しいです。もしそれができなかったときは小刻みな継投ではなく第二先発、中継ぎロングで出す投手の数を少なくしてほしいです。例えば、高橋光は十亀とセットで8イニングを任せる。平井ならば佐野とセットで8イニングを任せる。松本航ならば伊藤翔とセットで8イニングを任せるといった組み合わせです。十亀、佐野、伊藤翔の3人は先発経験もあるわけですから1周り3イニングは投げられるでしょうし、投げてもらわないと困ります。辻監督の精神安定剤代わりに中継ぎ投手の大量投入は疲労を溜めて故障を誘発するだけでなく、自信を失わせる元です。9回打ち切りだろうと延長10回までだろうと、1週間に1回しか投げない先発投手が7回まで投げるのはマストです。宮川、森脇、小川の3人は昨年の酷使がたたり不調になっています。惜しみなく6回から継投するのではなく、登板する投手の数を減らしてリリーフのブラック登板を減らさないと投手崩壊を招きます。

    先発を7回、8回まで引っ張る、それがかなわないときは第二先発・中継ぎロングで最低7回、できれば8回までゲームを作るのが立て直しの鍵です。挽回のチャンスを与えると称して、リリーフを湯水のごとく投入すれば、故障者が出るかパフォーマンスが落ちるかです。今井も鍛えれば、8回まで投げられる先発投手になります。クライマックスのころには疲弊する起用法をしていては日本一にはなれません。

    来週の先発は(火)ダーモディ(水)今井だと思いますが、同様にダーモディと十亀をセットで7回、8回まで任せる。今井も佐野とセットで7回、8回まで任せるといった継投を考えて欲しいです。第二先発・中継ぎロング中継ぎロングの3人は50球目途の中3日間隔の当番を想定しています。

    平良は増田、ギャレットが戻るまで9回の1イニング限定です。先発と第二先発の2人でゲームを作れば、8回、9回は、武隈、小川、宮川、森脇、松岡の5人で回せるはずです。足りなければ、もう一人、榎田投手か與座投手を加えたら良いです。どうせ野手は代打をほとんど出さないので1人減らして中継ぎの枚数を厚くすればいいのです。どんな場面でも、6回宮川、7回森脇、8回平良、9回増田、左対左は誰でもいいから左投手という安直なマニュアル采配をしている限り、クライマックス進出も危ういです。そんな継投でクライマックスに進出してもリリーフが疲弊して日本シリーズには行けません。

    辻監督ー西口投手コーチの意識革命を求めます。

    • sakano より:

      僅差だから辻発彦監督は先発を諦めるのかな?と思います。
      先発投手を育てるのは打線だと思います。
      点差が有れば先発投手を引っ張るでしょう。

      今日の試合で今井達也が8回にランナーを貯めた時にベンチで辻発彦監督が焦ったように投手交代の準備の指示をしている場面が映りました。
      あの場面を見る限りでは投手起用は辻発彦監督が指示をしてますね。
      西口文也投手コーチには止められない感じがしたので今後も僅差の展開ではリリーフ投手をどんどん使うと思います。
      辻発彦監督と同期くらいの人じゃないと止められないと思います。
      野手出身の監督が投手に口出しするのは成功しませんよね。

      • YOSHIKI より:

        結局継投プランができていないということです。こういう場面はこうする、といったプランを最低3つは持っていないと。ギャレットのようなこともありますし、今井ならフォアボールで崩れるというのは想定しておかないと。今井で行けるだろうとたかをくくっているから慌てるんです。準備していないから一人くらいなら9回から登板予定の平良を準備して出せという形になるのです。私なら、あの場面なら、十亀でいくか、武隈でいくかの二択です。万が一の時のために準備させておかないといけないです。潮崎元ヘッドコーチは昭和流投手酷使上等コーチですが、西口コーチはイエスマン御意専門コーチですね。

        気になるのは若林のけがの具合です。いまや西武のリードオフマンですから、長期離脱なら痛いです。若林の代わりに起用したのも金子侑司というのも辻さんらしいです。私なら川越か鈴木将平を使います。金子侑司は守備要員か代走メインで良いです。若林の故障が長引きそうなら、木村を一軍に上げて、金子侑司を落として欲しいです。守備を考えてもセンター木村、ライト愛斗が理想です。金子侑司のセンターはそんなにうまくありません。基本的に金子は左右の動きはスムーズですが、前後の打球の追い方はぎこちないです。一昨日の宗のランニング満塁ホームランがそうです。若林なら取れていたと思います。今後、守備固めならセンターを若林で、レフトの栗山の代わりに金子を入れた方が良いです。他の控え2人と比べても肩は大差ありませんが守備範囲は鈴木将平の方が上です。肩の強さなら川越の方が上です。走力も金子と大差ありません。若林の離脱が長引くなら、金子侑司でなく川越を試して欲しいです。残念ながら、辻監督は金子を優先するでしょうが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました