北海道日本ハムファイターズ戦のまとめ [4月30日、5月1日]

カードのまとめ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

北海道日本ハムファイターズとの3連戦は1試合が新型コロナウイルスの感染拡大で中止になって2連戦になりました。

1戦目

1戦目は髙橋光成の好投で勝つ事が出来ましたね。

攻撃では中村剛也の同点タイムリー、愛斗の逆転タイムリーと栗山巧の犠牲フライに源田壮亮の2点タイムリースリーベースと5得点でした。

今思えば9回表の2得点は重要だったのですね。

3点差以上になったので宮川哲が登板しましたからね。

2戦目

2戦目は9回裏に増田達至が3点リードを守らず同点にされてランナーが居る状況で登板した宮川哲が2個の四球でサヨナラ押出しで負けました。

先発の本田圭佑も好投でしたし、8回までの継投もほぼ完璧でした。

得点も相手のミスも有って4得点でした。

森友哉と中村剛也が休養で4得点でしたからね。

勝てた試合で負けました。

心配

勝ち負けはとりあえず置いといて、新型コロナウイルスは心配です。

4月30日に出場していた野手も感染が分かったみたいですけども森友哉とかは大丈夫なのかなと心配になります。

休養だっただけに不安が有ります。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました