得点力低下の原因

お知らせ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

得点に苦労してますね。

得点力が低下している原因は長打を打てる選手が居ないからでしょうね。

中村剛也にも長打が出てませんし、森友哉も同様です。

 

辻発彦監督が長打を打てる可能性が有る選手を使いませんからね。

怪我人続出で機動力野球と思ったのでしょうけども塁で掻き回して誰が打点を稼ぐのかを考えて無かったというか、森友哉と中村剛也に期待してたのでしょうけどもアテが外れた形ですかね。

バックアップ案を用意して無かった辻発彦監督が悪いですよね。

2点くらい得点しても投手陣が無失点に抑えないと勝てないですからね。

そこまでの投手力は無いです。

 

渡部健人やブランドンを我慢して使ってれば今頃は状況が違ってたかもしれません。

渡部健人を守備がどうこうという理由で使わなかったのが失敗だったと思います。

渡部健人は親子試合で二軍戦で本塁打を打っても起用されませんでしたからね。

 

今からでもブランドンをファーストで使った方が良いと思います。

中村剛也がいつまで守れるか分からないです。

山川穂高が復帰したら栗山巧と指名打者で併用した方が良いと思います。

山田遥楓を辻発彦監督自身が指導して打ったので使いたいと思ってるのでしょうけども優先順位が有りますし、タイプ的に長打が打てるブランドンを優先して欲しいです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    渡部は入寮時に体重が6kgも増えて肘の不安も抱えていました。体を作ることから始めてオープン戦や練習試合にも出ていませんから、一軍レベルでほとんど試合に出場していません。

    守備だけではなく、二軍では打てても、一軍投手にはまだ厳しいことを露呈してしまった訳ですから、もう少し育成が必要です。山川が復帰してある程度目処が立ったら、中村も二軍で一度休養と再調整をさせるべきなので、交流戦ぐらいまでに二軍で攻守に渡りレベルアップして欲しいですね。

    現状で攻撃力アップのために出来ることは、西川愛也を二軍に落として川越誠司を一軍に上げることです。川越ならレフト、センター、ライトどこでも守れますし強肩です。二軍でも今当たっているので試すなら今かと思います。ブランドンについては、中村を休ませるときの起用が現状では優先だと思います。

    先日申し上げたように、1番に呉を上げるか、あるいは走力を気にするならスパンジェンバーグを1番に上げて、3番に呉を起用するかして比較的調子の良い選手を上位に上げるべきです。その上で、6番ライト愛斗、7番キャッチャー森、8番レフト川越、9番センター金子侑(または若林楽人)といった打線を組むべきでしょう。

    今日、上間が先発しますが、結果が厳しいなら與座にチャンスを与えるべきです。伊藤翔も先発ではスタミナ不足を露呈するので、中継ぎに戻すべきですし、先発の力不足が目立ちリリーフに負担が掛かってパフォーマンスが落ちているので、柘植世那捕手を二軍に落として、中継ぎを厚くすべきだと考えます。

    • sakano より:

      渡部健人は使わずに抹消した時点でもう無いですよ。
      我慢して使ってたらもしかして打ってるようになってたかもという話です。
      打てる打てないに関係なく試さないと分からないですし、藁にもすがるという状況でしたからね。

      柘植世那は使わないなら二軍で試合に出して欲しいです。
      捕手を3人ベンチに入れたいなら中熊大智を支配下にして代打要員兼任で使えば良いと思います。

      ブランドンも試合に出さないといきなり使っても打てないですよね。

  2. YOSHIKI より:

    sakano様は、阪神・佐藤輝明選手やDeNA・牧秀悟選手を見て、渡部選手の一軍起用を推奨しているのでしょうが、佐藤、牧選手はある程度体が出来た状態で、多少の好不調はあっても、練習試合、オープン戦で結果を残して来ました。現状二軍でやることはないので、一軍で使い続けようとなった訳です。

    体重が増えて、肘痛を患って入寮していた渡部選手とは違います。もちろん渡部選手は佐藤選手や牧選手とは違った才能を持つ逸材ですが、育成期間が必要です。二軍でやることはないという状態で、上げてあげればいいでしょう。一軍は勝利が最優先ですから、打とうが打つまいが使い続けるというのは駄目です。それが認められるのは二軍でやることがないくらいのレベルになったときです。近年で言えば、ロッテ・安田尚憲内野手がそうでしょう。

    確かに一軍で渡部が与えられたチャンスは少なかったですが、キャンプ時点で準備不十分だった時点で仕方ないですし、数試合使った中でも変化球には技術で対応できた物の一軍投手の速球には対応できずに三振、凡打を重ねていた訳ですから、まだ二軍でやることはあります。守備のレベルを上げること、打撃では二軍で圧巻の成績(ホームラン15本以上、打率3割5分以上)を残すことが一軍昇格の手っ取り早い方法です。愛斗にせよ腐らずに二軍で打率4割を残したことが一軍抜擢につながりました。

    中村も技術はあるのでタイムリーは打てますが、ホームランバッターとしての打撃は出来ていません。体力的にフル出場が苦しいので、二軍で結果を残し続けていれば渡部に必ずチャンスはあるはずです。

    渡部選手の奮起と後半戦から一軍主力になることを期待します。

    • sakano より:

      渡部健人の起用を推したのは故障者続出でどん底だったから二軍で本塁打を量産してたので使わなければ勿体無いという考えです。
      二軍で調子が良い選手はとりあえず一軍で試す事をすべき状況でした。
      これは渡部健人だけではなく高木渉だって故障しなければ推してました。
      栗山巧、山川穂高、外崎修汰が離脱してC.スパンジェンバーグやE.メヒアもまだ合流出来て無いという状況でしたからね。
      ブランドンは熱中症で二軍でした。

      サードも空いてた状況で一軍に上げたのだからベンチに置いとくよりかは使った方が色々な可能性が出てくると思います。
      試した結果、打てませんでしたという事でも別に良いのです。
      その時は他の選手を試せば良いだけです。
      それほど選手が居なくて危機的な状況でした。
      辻発彦監督はその試す期間が短いのです。

      これは6連敗をする前の期間の話です。
      その時に渡部健人を使っていれば慣れてもしかしたらという可能性の話です。
      西川愛也を使うなら長打力が有る渡部健人を使った方が良いと思いますけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました