攻撃型のオーダーにすべき

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

投手力がアレなので守備重視よりかは攻撃重視のオーダーにした方が良いじゃないでしょうかね?

得点の方が先発投手が好投しないと勝てないような得点です。

毎試合2失点以内に抑えろとか無理ですよ。

 

現在居る選手で可能な限りの打撃重視起用をして得点を増やすべきだと思います。

機動力を使って守りの野球は投手力に特化したチームがやる戦術です。

ライオンズの場合は勝ちパターンのリリーフはともかく先発がボロボロの状態です。

勝ちパターン以外のリリーフもボロボロで投手力が有るとは言えません。

 

打順選手名ポジション
1番呉念庭二塁手
2番若林楽人中堅手
3番森友哉捕手
4番中村剛也三塁手
5番栗山巧指名打者
6番愛斗右翼手
7番ブランドン左翼手
8番佐藤龍世一塁手
9番源田壮亮遊撃手

呉念庭をセカンドで起用ですね。

そして一番出塁率が高いので1番起用です。

単純に1、2番は出塁率が良い順に並べただけです。

 

レフトはブランドンで未経験ですけども少し練習すれば出来るでしょう。

そこまでレフトに守備は求めて無いです。

外野フライとヒットゴロの処理が出来れば良いです。

ちょっと我慢すればC.スパンジェンバーグが昇格するでしょう。

 

打撃型の選手を可能な限り起用するしか無いと思います。

1、2点を守って逃げられる先発投手なら今のオーダーや戦略でも良いですけどもそれが出来るのは高橋光成と平井克典だけですよね。

機動力野球をすれば良いという訳では無く、機動力と投手力とか機動力と打撃力という風にセットじゃないと無意味です。

機動力はオプション的な感じです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 保ファン より:

    攻撃型オーダーは良いのですが
    冒険しすぎると、
    今日のイースタン巨人戦の様に
    エラーから要らぬ失点をするので
    ブランドンのレフトは?
    栗山レフトの方が…
    中村・ブランドン どちらかがDH
    後、若林・呉の1・2番なら賛成です

    • sakano より:

      栗山巧が守れるのならサードにブランドンで中村剛也が指名打者ですね。
      ただ復帰したばかりなので栗山巧が守るのは難しいでしょう。

      レフトは足と守備に難が有る外国人選手も守るので動けるだけブランドンの方がマシだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました