オリックス・バファローズ戦 [4回戦]

2021年・公式戦
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

3連戦の初戦を落としてしまいました。

 

先発の上間永遠は不運なヒットも有ったので何とも言えないですけどもう少し何とかね。

高めに投げたら打たれますからね。

結果論ですけども上間永遠の続投の方がマシでした。

4失点まで我慢しても良かったかもしれません。

 

松本航はリリーフでも駄目だと一軍で投げる場所は無いですね。

危機感が無いのでしょうか?

まだリリーフでチャンスは与えられるでしょうけども次も失点したら二軍でしょうね。

田村伊知郎は二軍でしょう。

2者連続の押出し死球とかやらかしましたからね。

乱闘も覚悟しましたよ。

乱闘が起こっても良かったですけどね。

それくらいストレスが溜まる試合展開でした。

 

オリックス・バファローズと打線の差を感じました。

2番に吉田正尚を起用してますし、外国人選手が居ますからね。

長距離打者の差ですね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    異常なまでに吉田に打たれていますぶつけるぐらいインコースを攻める姿勢が必要です。
    とにかく左打者に打たれ過ぎです。
    左の先発とリリーフが必要なはずです。

    • sakano より:

      本当に当てるつもりでインコースを使って良いと思います。
      打者に踏み込まれたら負けです。
      腰を引かせたり、迷わせるしか抑えられないです。

      現代は球場もストライクゾーンも打者有利です。
      プロテクターを付けてるので死球の恐怖も昔ほど無いですからね。
      それでも死球の恐怖心は利用しないと抑えられないです、

  2. 福岡のレオ党 より:

    画像から想像すると、かなり自信喪失の表情です。決め球不足は新人時代からの課題で3年目ですよ。アマから職業野球への切替が甘いんですよ。キャンプの投げ込みで1000球超えを自慢?してたようだが何の課題をもってキャンプに臨んだんでしょうね。広島カープ名球会投手黒田投手も新人時代にプロの恐ろしさを知りこの世界で生き延びる手立てを探ったとのことだが、職業野球人としての自覚を持たねば勿体ないですよ。どん底を知ってもがき苦しんでこそ、一流への登竜門に繋がるのであって、逆に言えば今が最大のチャンスであるかもしれない、彼にとって。期待したい。

    • sakano より:

      松本航と言えばこの変化球というのが無いですからね。
      勝てる投手は武器を持ってます。
      松本航にはそれが無いです。
      勝負出来るボールがストレートとスライダーだけではね。
      2種類は使える変化球が欲しいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました