千葉ロッテマリーンズ戦のまとめ [9日~11日]

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズとの3連戦は2勝1敗という結果になりました。

 

得点に苦しんだと思います。

1戦目だけがそこそこの得点を出来た試合でした。

これも愛斗が2本の本塁打を打ったから何ですけどね。

この3連戦は愛斗が目立ちました。

プロ初本塁打を含む3本塁打でしたからね。

ブレイクした感じです。

 

森友哉と中村剛也の状態が悪いのが気になります。

3番と4番なので調子が悪いと得点力に影響します。

 

呉念庭の状態も落ち気味というのが気になる所です。

 

このカードから金子侑司の1番起用を止めましたね。

辻発彦監督も我慢出来なかったのでしょう。

それに金子侑司の盗塁失敗が目立ちます。

若林楽人を1番で起用したら自打球で欠場ですからね。

 

投手では平井克典が好投をしてくれました。

気になるのは平良海馬と増田達至が連投はしませんでしたけども3試合中2試合に登板してる事ですかね。

このカードだけなら良いですけども今後はこのペースで登板となると壊れますよね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました