浜屋将太に頑張って貰うしかない

試合前
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今日(10日)は浜屋将太が先発です。

去年の千葉ロッテマリーンズ戦の成績は2試合に先発して1勝0敗で防御率1.38でした。

ZOZOマリンでの登板が初めてというのが不安な所です。

強風に対応出来るかですね。

 

攻撃はオーダーを基本的に変えないで欲しいです。

栗山巧が復帰の場合に関してはまた記事を書きます。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    この投手の何処がローテーション入りの決めてなんでしょうか?
    左腕ということでしょうか?さっぱり分からない。
    いつも同様なピッチングであり、球威、球種、制球どれをとっても1軍レベルというか、
    2軍でも難しい気がします。逆に言えば、この程度の投手にローテの枠を取られている
    他の投手が不甲斐ないとしか思えない。それにしても、このような投手のリードじゃ、神経使い過ぎで打撃に悪影響を及している。

    • sakano より:

      左投げだから先発ローテに入りましたけども今年は去年の序盤の時よりも悪くなってますよね。

      • 福岡のレオ党 より:

        彼こそ、今後2軍のローテーションで『何か』を掴むべきではないでしょうか?もう一言、
        オープン戦から今の傾向は見え隠れしていたし、この投手をローテに入れた投手コーチ等は
        責任あると思います。この世界否どの世界でもコーチが教えて覚醒するのは稀のようで、客観的な意見からヒントを得て覚醒するのは自分自身であろう。現状、1軍のマウンドは荷が重すぎる。プロ投手として闘う要素である、球威、制球、闘志何れも持ち得ていない気がします。

        • sakano より:

          投手コーチは調整のアドバイスと監督への進言しか出来ないので最終的に決めるのは辻発彦監督です。
          西口文也一軍投手コーチには何の権限も無いです。
          続投を進言しても交代をされたりしてるんですからね。

          浜屋将太を二軍というのは分かりますが、代わりに先発する投手が居るのかという問題も有ります。
          内海哲也は球数はクリアしましたけども4失点してますし、榎田大樹は打球直撃で故障中です。
          大曲錬が先発するほど二軍も苦しいです。
          吉川光夫が二軍に落ちたので恐らく先発するでしょう。
          そのくらい居ない状況です。
          伊藤翔を先発に回すにしても急に5回まで投げろというのは無茶ですからね。

  2. TN より:

    上の方の意見に同感です浜屋は切れがないと厳しいですせめてフォアボールを出さないコントロール力を身につけてほしいです。
    暴投から前進守備痣となり不運な2点タイムリーと宮川の独り相撲の失点で試合は決定した。
    今週の楽天戦から失点のしかたが悪すぎます打者は7割から8割は凡退するので無駄なフォアボールは厳禁です。

    • sakano より:

      浜屋将太のコントロールは生命線の筈なのに今年は悪くなってます。
      球速が上がってるので鍛えすぎてフォームのバランスを崩したとかですかね。
      佐藤勇がそれで駄目になりましたよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました