フォーム解析班を作って欲しい

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

高橋光成が成長した背景にはフォームを解析したからだそうです。

高橋光成は個人でやってましたが、チームでフォーム解析をすべきだと思います。

結局、選手が苦しむのはフォームに悩んだ時です。

投球フォームを変えて球威が落ちたり、打撃フォームを変えて打撃に苦しんだりとする事が多いです。

育成をするにしてもフォーム解析は必要です。

フォーム解析する部門を作れば故障者も減ると思います。

 

フォーム解析はドラフト指名にも役に立つと思います。

フォーム的にこの選手はどうなのか?という判断材料の一つになりますよね。

トラックマンなどの数値と選手の能力を考慮して指名する事が出来るでしょう。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました