外崎修汰は左腓骨骨折

故障情報
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

左足を高橋礼にぶつけられて交代した外崎修汰は「左腓骨骨折」だそうです。

記事ではオリンピックは絶望で全治は未定と書いてました。

 

「左腓骨骨折」を調べました。

どこサイトを見ても手術は必要のようです。

骨折した骨を元の位置に戻してボルトやネジで固定するそうです。

手術で骨折する前の状態に戻すらしいです。

手術後は足の関節を動かすリハビリだそうです。

歩くまでに3週~4週と書いてました。

運動出来る状態になるにはもっと時間が必要でしょう。

前半戦絶望は覚悟した方が良いのかもしれません。

 

外崎修汰の穴をどうやって埋めるかです。

攻撃面は呉念庭の状態が良いので何とかなるかなと思います。

問題は守備の面ですかね。

呉念庭はセカンドも守れます。

二軍では守ってました。

山野辺翔、山田遥楓に二軍だったら綱島龍生ですかね。

とりあえず山野辺翔を使ってみてだと思います。

佐藤龍世も守ろうと思えば守れます。

ブランドンの抹消分も含めて渡部健人と愛斗を昇格させて打線の強化をして欲しいです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    ユーティリティプレーヤーの熊代が昇格だと思います。
    問題は打線ですね佐藤や山野辺あたりでカバーできるかです。
    ピンチはチャンスだと考えてメヒアプラススパンジェンバーグの合流まで攻守で踏ん張るしかないです。

    • sakano より:

      ユーティリティプレーヤーは呉念庭、山野辺翔、山田遥楓と居るので十分だと思います。
      山川穂高、栗山巧、外崎修汰と4番、5番、6番打者が居なくなったので下位の打線強化の方が重要だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました