オリックス・バファローズ戦のまとめ

カードのまとめ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

オリックス・バファローズとの3連戦は2勝1敗で勝ち越しました。

 

開幕投手の高橋光成と先発転向した平井克典の好投をしてくれましたね。

先発投手がある程度のピッチングをしてくれないとやっぱり勝て無いです。

 

この開幕カードで目立ったのは森友哉かなと思います。

2本の本塁打ですね。

それも難しいインコースを上手く打って本塁打にしてます。

 

あとは中村剛也がタイムリーを打ってますね。

長打では無く軽打でのタイムリーです。

 

山川穂高に本塁打が出なかったのは残念ですね。

ただオリックス・バファローズの先発投手が山本由伸、宮城大弥、山岡泰輔だったので厳しいですかね。

 

栗山巧の2試合の欠場は想定外です。

開幕カードからまさか離脱者が出るとは思いませんでした。

ベンチからも外れてたので代打で起用も出来ませんでした。

 

西川愛也、若林楽人、鈴木将平、ブランドンが全く打て無いというのが誤算ですね。

誰か1安打くらい打てよと思ってしまいますけども簡単に打てませんね。

西川愛也はヒット性の打球をアウトにされましたからね。

次のカードの北海道日本ハムファイターズ戦までは我慢します。

それで出なかったら無理でしょう。

そこまで余裕が有る訳では無いですからね。

 

金子侑司も微妙ですね。

あまり打てて無いです。

1番打者は重要なので困るんですよね。

下位の若手が打て無いのと重要度が違います。

 

投手はまだ1度の登板とかなので判断がまだ出来ないです。

浜屋将太は次の登板で好投すら可能性も有りますからね。

 

とりあえず勝ち越せたので良いスタートでしょう。

カードで勝ち越すのが大事です。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました