サードと外野の競争

雑談
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

サードと外野の競争が激しくなってきました。

競争は良い事です。

競争が起こってマイナスになる事は無いです。

 

サードは佐藤龍世とタイシンガーブランドン大河の競争です。

確実性は佐藤龍世の方が有るのかなと思います。

ただ長打力はタイシンガーブランドン大河の方が多いですね。

守備の方はグラフ裁きや打球処理の判断は佐藤龍世で、肩の強さはタイシンガーブランドン大河ですね。

 

外野はセンターとライトが競争でレフトは中村剛也が指名打者なら栗山巧が守るでしょう。

中村剛也が不在なら栗山巧は指名打者なのでレフトも競争です。

金子侑司、木村文紀、岸潤一郎、鈴木将平、若林楽人で競争ですね。

ライトは木村文紀が有力かなという感じですが、センターはまだ分からないと思います。

 

来週の金曜日(19日)まで競争だと思います。

19日からは公式戦を見据えた戦い方になると思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. レロンリーだよ より:

    レフト中村は斬新ですね。

    • sakano より:


      「レフトは中村剛也が指名打者なら栗山巧が守る」というのは文として変ですか?
      中村剛也が指名打者で栗山巧がレフトという意味なのです。
      訂正した方が良いですかね?。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました