今年、本田圭佑に期待する事

企画
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今年、本田圭佑に期待する事は先発ローテーション入りですかね。

それしか無いと思います。

リリーフで使えるほどの球威は無いですからね。

 

球威が無い分だけコントロールが重要だと思います。

去年はコントロールはそこまで良いという訳では無かったのでコースに投げ分けが出来るくらいのコントロールが欲しいです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    本田投手には、最終的には先発を望んでいますが、去年先発としては不振でローテーションを外されたので、まずは中継ぎロング、第二先発として期待したいと思います。内海投手、榎田投手と組んでの第二先発を期待しています。試合終盤を任せる勝ちパターンリリーフは速球派投手を望みますが、試合序盤、中盤で先発が降板した際は、降板した先発投手の尻ぬぐいをしながら、ゲームを落ち着かせる第二先発、中継ぎロング要員が欠かせません。そのような役割で結果を残して、先発ローテーション投手に疲れが見えるシーズン中盤に先発6番手としての抜擢を狙う形になります。

    6回以前に、宮川、ギャレット、森脇を投げさせるわけにはいきません。そんなことを頻繁にやっていたらリリーフ陣が疲弊して崩壊します。本田、伊藤翔、與座の3人は去年先発投手としての期待に応えられなかった訳ですから、まずは中継ぎロングで好投を重ねて、先発6番手を競わせることになるでしょう。左腕なら、佐野、吉川光も同じ役割を期待します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました