春季キャンプ第1クール最終日

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

春季キャンプ第1クール最終日は打撃投手に平井克典、高橋光成、平良海馬、浜屋将太が登板しました。

若林楽人とタイシンガーブランドン大河は平良海馬が相手とちょっと可哀想でした。

前日のブルペンで既に153キロを計測している投手ですからね。

まだ打者はそこまでの速いストレートには対応出来ないです。

ちなみにタイシンガーブランドン大河は高校時代に平良海馬と対戦してるそうです。

 

ちょっと気になったのが高木渉ですかね。

高橋光成が打撃投手でしたけど、もっと思いっきり振って欲しいです。

当てに行ってる感じがします。

一軍と二軍で打撃を変えて成功した選手は居ないです。

 

個別練習の特守は源田壮亮と外崎修汰の二遊間コンビでした。

川野涼多とか練習せずに見学させれば良い勉強になったんじゃないでしょうかね?

 

外野からの返球も見れました。

若林楽人は本当に肩が強いですね。

岸潤一郎は強いですけども弾道が低いからなのかツーバウンドくらいしてしまいます。

山野辺翔もレフトで送球してましたけども普通ですかね。

 

中熊大智は捕手だけではなくサードやレフトも練習させた方が良いと思います。

捕手も出来る野手みたいな感じでね。

ファーストはもう守れますからね。

 

明日(5日)は休養日です。

状況を考えたら外出は無理でしょう。

疲労で外出したくないという選手も居るでしょうけどね。

一部の選手は休日返上で自主練をするんでしょうかね?

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました