春季キャンプ第1クール2日目

春季キャンプ[2021年]
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

春季キャンプ第1クール2日目は投内連携の練習が開始されました。

まだ一部の投手しか参加してませんけども最終的にはキャンプに参加している投手は全員、投内連携を行います。

 

守備練習が目立ったと感じました。特にサードをまもっていたタイシンガーブランドン大河ですね。

全他練習のノックと個別練習での特守です。

全他練習の時は横飛びをするなど目立ってました。

個別練習では特守後に逆シングルの送球までの動作を辻発彦監督から直接指導を受けてました。

辻発彦監督はグローブを付けて実演までしてましたね。

若林楽人には打撃指導、タイシンガーブランドン大河には守備指導と新人野手に期待してますよね。

投手の方は渡辺久信球団本部ゼネラルマネジャーや潮崎哲也球団本部編成グループディレクターがブルペンに居ましたからね。

 

山野辺翔が外野の練習をしたみたいですね。

守れるようになっても需要が有るかは分かりません。

肩が弱いので山野辺翔を使うくらいなら守備範囲が確実に広い鈴木将平を使った方がマシだと思いますけどね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました