埼玉西武ライオンズの優勝の可能性は有る

雑談
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

東北楽天ゴールデンイーグルスが田中将大を獲得して優勝候補の筆頭てしょう。

当然ですけども去年優勝した福岡ソフトバンクホークスも優勝候補の筆頭でしょうね。

ただ埼玉西武ライオンズが優勝出来る可能性も有るでしょう。

個人的には優勝出来ると思ってます。

 

森友哉と山川穂高が復活すれば打線の方は何とかなると考えてます。

例年だったら課題としているリリーフが充実しているのが強みですね。

先発投手が6回まで投げれば逃げ切る事が出来るリリーフ陣だと思います。

逆算出来ますよね。

あとは先発投手がどれだけ頑張れるかだと思います。

先発は若い投手が多いので大化けする可能性も十分に有りますからね。

僅差の試合で勝てるというのが優勝の条件の1つだと思ってます。

一昨年並みの得点力に去年のリリーフなら先発が弱くても勝てます。

先発の整備はこれからですからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    優勝候補の筆頭はソフトバンクだと考えます。確かに楽天に田中将大が復帰したのは大きな要素ですが、24勝した2013年のような活躍は期待できないでしょう。期待できるのは15勝くらいだと思います。則本にも衰えが見え始め、他も元西武のベテランばかりです。涌井はともかく、岸は故障がちで一年通して働けません。若手は早川を獲得したのが光明でしょう。打撃陣はロメロがオリックスに復帰し、新外国人は未知数です。茂木と小深田の起用法をどうするか、石井監督兼GMの手綱さばきが見物です。

    我らがライオンズは現有戦力を最大化出来れば十分優勝出来ます。投手陣、特に先発投手の最大化が鍵となります。辻監督だけでなく、西口コーチは先発投手を早く代えすぎです。いくらリリーフが充実したと言っても、おんぶにだっこでは早晩崩壊します。リリーフ陣は豊田コーチの就任により、強力になりましたが、先発がずっと低迷していては駄目です。

    今年は西口コーチに働いてもらわないといけません。辻監督、西口コーチは特定の選手を固定起用しすぎです。一軍と二軍の入れ換えを頻繁に行い、調子の良い選手を調子の良いときにもっと起用しないと新戦力の発掘は出来ません。

    先発は最低10人用意すべきというのがその結論です。何度も申し上げていますが、高橋光、ニール、松本航の3人は固定メンバーで行かないといけませんし、それだけの立場にいる選手です。後は平井、浜屋を固定メンバーにしたいですね。本来はここに今井が入っていなければいけないのですが、去年のフォーム崩れの状態なら駄目ですね。今年の仕上がり次第です。6番手を2人1組のチームで隔週登板させるべきというのが、私案です。

    昨年もありましたが、内海と十亀で1人分、榎田と本田で1人分です。2人で最低6イニングは当たり前です。2週間に1度しか投げないのですから、理想は2人1組で完投してもらうことです。しかし、2人で7イニングを最少失点で抑えてくれたら良しとします。

    高橋光、ニール、松本航の固定メンバーが3人、平井、浜屋、今井の準固定メンバーが3人、毎週ローテーションを守るのが難しいであろう、内海、榎田、十亀、本田で4人、以上10人で先発を回すべきです。6番手は2人1組、の隔週登板、第二先発という考え方が肝要です。

    後は中継ぎロング要員の拡充です。右腕は與座、伊藤翔、左腕は佐野、吉川にこの役目を担ってもらいたいです。もちろんここで結果を出し続けたら先発6番手へ抜擢もありです。

    平井の後釜の便利屋リリーフは田村伊知朗に期待します。森脇に続いて勝ちパターン入りが出来るか今年が正念場です。

    去年形成された勝ちパターンの宮川、森脇、ギャレット、平良、増田は信頼できますが、負担が重くなりすぎないようにして、勝負所に投入するべきですね。乱用すればどんなに良いリリーフ陣も崩壊します。先発陣を人海戦術で最大化することが何よりの鍵です。

    野手陣もそうですが、投手陣の戦力を最大化すれば、十分に優勝が狙えるチームです。ソフトバンクを止めるのは楽天ではなく、埼玉西武ライオンズであると思っています。

    • sakano より:

      投手の起用に関しては西口文也一軍投手コーチでは無く辻発彦監督だと思います。
      コーチがどんなに進言しても選手起用や入れ替えの最終決定権は監督に有ります。
      辻発彦監督がどれだけ投手コーチの意見を聞くかだと思います。
      去年も西口文也一軍投手コーチは限界と思って交代を進言したのに続投させたという事も有りましたからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました