増田達至と複数年契約で交渉中

スポンサーリンク

埼玉西武ライオンズは増田達至と複数年契約で交渉中だそうです。

去年提示した条件よりも良い条件を提示しているでしょう。

良い条件を提示しないと残留の可能性は低くなるでしょうからね。

 

去年の複数年契約の提示を断った時点で移籍は誰もが覚悟していると思います。

移籍されるのは構わないですけども移籍した時の穴埋めはちゃんとして欲しいです。

外国人だけで穴埋めをするなら先発2人にリリーフ2人です。

個人的には東京ヤクルトスワローズの小川泰弘とか千葉ロッテマリーンズの松永昂大とか狙っても良いと思いますけどね。

 

若手に期待とか甘い見通しでは無く、確実に補強する事です。

確実に補強した所に若手が活躍してくれたらラッキーという感じが良いです。

今年の二軍の感じからして来年出て来そうな若手投手は皆無です。

お試しで一軍で投げられたらというレベルです。

渡邉勇太朗や上間永遠は先発で面白い存在ですがまだ二軍でローテをというレベルです。

 

外国人補強はZ.ニール、R.ギャレット、C.スパンジェンバーグが残留としても投手を3人新たに獲得して野手は1人新たに獲得して欲しいです。

基本的に投手と野手それぞれに1人余る形が良いです。

故障とか外れでシーズン途中で新たに獲得というのが無理な可能性が有りますからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 山田 より:

    今年の二軍の感じからして来年出て来そうな若手投手は皆無というのは全くもって仰るとおりだと思います。
    あるとすれば本田投手や佐野投手や伊藤投手といった一軍での実績が多少ある選手の復活であって、一軍実績皆無の若手投手に来年の一軍での活躍を期待するのはまだ早く無理でしょう。
    増田に関する今日のサンスポの記事ですが、FA取得選手に対して複数年契約提示というのは当たり前のことであって特に新しい情報ではなかったですね。
    取材していなくても書けそうな内容だったので参考にはならなそうです。
    外国人選手の人数は投手4野手2の総勢6名にすれば御の字ですが、5名で済ませそうな予感すらします。
    今年の外国人の人数が5人以下の球団は西武と日ハムとヤクルトの3つしか無かったので、残念ですが外国人の人数に関しては期待できない球団です。
    と言ってもコロナで外国人枠が4→5に拡大する前に揃えた人数ですから
    既に来年は外国人枠が5と判明してますので今年の5名は来年の6名に該当すると思います。
    つまり来年外国人5名で開幕するのは去年までで言えば4人枠ギリギリしか用意しないのと同じことですので、やはり最低でも6名は用意して欲しいですね。

    • sakano より:

      渡辺久信球団本部ゼネラルマネージャーも何も考えて無い訳では無いと思うので競争を促す為に枠よりも多めに獲ると思います。

      増田達至は交渉中なんでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました