【一軍公式戦】千葉ロッテマリーンズ戦(11月8日)[24回戦]

スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

負けました。

CSへの進出は完全に無くなりました。

 

ミスが多かったです。

1回表の走塁ミスから始まって守備のミスも何度か有りました。

ミスが多い方が負けるという事です。

 

なぜ平良海馬を使ったんでしょうかね?

僅差でも無かったですし、良く分からない登板です。

失点して防御率を悪くしましたからね。

 

短期決戦の戦い方が下手ですよね。

選手の起用が悪いです。

6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦から?という起用が多いです。

栗山巧の調子が良くないのに4番で使い続けたのはちょっと?です。

我慢しなくて良い所で我慢をして使ってます。

我慢して使って欲しいと思う所はすぐに変えるんですけどね。

 

明日(9日)は消化試合になります。

平良海馬や森脇亮介は休みで良いと思います。

中村剛也も無理をして使う必要は無いかなと思います。

栗山巧は1本でも良いので打って貰った方が良いのでスタメンでしょう。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    平良、森脇の起用はアリバイ作りですね。だから第二先発要員を準備しておかなければいけなかったのです。

    西口コーチのマネジメント能力の欠落です。辻監督の支持だったとしても投手の専門家として起用法について身をていして進言して欲しかったですね。

    辻監督が残留するにしても、一軍コーチ陣の刷新が必要です。辻監督の推薦枠で入った馬場作戦コーチは西口コーチ同様イエスマンでしかなく、辻監督に実りある作戦を提言できていません。辻監督が残留なら身を引いてもらうべきです。西口コーチも指導者経験が足りないです。渡辺GM付きSA(シニアアドバイザー)の役職を与えて2~3年は指導者修行すべきです。
    故森慎二氏や横田久則氏も独立リーグ監督を経て、コーチとしての技量を磨きました。将来の監督候補として期待するからこそ、一度外に出るべきです。

    一軍打撃コーチの2人も退団か配置転換しかありません。阿部真宏コーチはスカウト転身か二軍内野守備走塁コーチが妥当です。横浜高、法政大の人脈を生かして人材発掘をして欲しいです。

    赤田将吾コーチは三軍外野守備走塁コーチが妥当でしょう。三軍内野守備走塁コーチに鬼崎裕司氏、二軍内野守備走塁コーチに黒田哲史一軍内野守備走塁コーチを配置して欲しいです。

    二軍ヘッド兼投手コーチに横田久則ファームディレクターを、後任のファームディレクターに高木浩之二軍内野守備走塁コーチを配置して欲しいです。

    一軍打撃コーチには和田一浩氏と上本達之育成コーチを配置して欲しい。一軍内野守備走塁コーチには宮本慎也氏を、一軍ヘッド兼投手コーチに鹿取義隆氏をと言うのが私の希望です。

    ただ、そんなに外部から人を採用しない気がします。

    • sakano より:

      ロングリリーフは田村伊知郎や伊藤翔がという事なのかなと思います。
      94球を投げて中5日は34歳の榎田大樹には厳しいのかなと思います。
      タフな投手なら良いですけども故障もそこそこ多い投手ですし、肘を手術してますからね。

      辻発彦監督に言えるのって同じ世代じゃないと無理かなと思います。
      豊田清一軍投手コーチをベンチ入りさせても結果は同じでしょう。
      辻発彦監督が投手に口を出さないようにすれば解決でしょうけどね。
      負けた時の試合後のコメントは絶対に先発に文句を言ってます。
      打線が得点出来ずに負けてもです。

      上本達之二軍育成コーチの打撃技術は阿部真宏一軍打撃コーチや赤田将吾一軍打撃コーチと大差ないと思います。
      年間100試合も出場経験が無い上本達之二軍育成コーチが一軍で指導出来るとは思えないです。
      二軍、三軍で捕手の基礎を教える役割で良いと思います。

  2. YOSHIKI より:

    上本達之育成コーチの一軍打撃コーチ抜擢案は捕手目線での分析力を期待しての物です。控え捕手と代打がメインだった関係上年間100試合以上の出場はありませんが、勝負強い打撃とパンチ力に魅力のあった選手でした。いわゆる守備の人であった阿部コーチ、赤田コーチよりは適任と考えた次第です。森のアドバイザー役も期待しています。

    金森栄治氏、和田一浩氏を2人とも招聘できれば良いですが金森氏は契約継続のようですし、和田氏1人を招聘するのが手一杯と思い、内部の人材を活用することを考えました。鈴木健氏も有力OBですが、引退から解説者としても現場を離れすぎていますし、積極的には進められません。バットコントロールと選球眼に優れた選手でしたが、指導者経験もありません。

    指導者経験が無いのは和田氏も同じですが、2015年まで現役選手として活躍して、現代野球を肌で実感している事、解説記事やコメントを聞いても理路整然としていて分かりやすい点から指導者適性が高いと感じました。

    一軍打撃コーチは一から技術を教える必要はありませんが、不調の際に相談に応じられる高い技術指導力が必要でしょう。その部分は和田氏に託したいです。好投手相手に組織的な戦略を支持する事も大切です。ただ船頭多くして・・・では困りますのでメインは和田一浩氏、分析や補佐的な部分でサブとして上本育成コーチというコンビを考えました。

    • sakano より:

      捕手は打撃を崩す方法は知ってても打撃を修正する方法は知らないと思います。
      捕手だから攻撃面も有利とは限らないです。
      実際に捕手で打てる選手は極僅かです。
      打ちたいなら打席では捕手では無く打者として切り替えろと言われるくらいです。
      捕手だから配球を読めると言われたりしますがそれで打ってる選手は居ないです。

      打撃コーチは嶋重宣二軍打撃コーチが昇格するような気がします。
      二軍に清水隆行氏という噂なのかなと思ってます。

      補佐で中村剛也と栗山巧に兼任でやって貰うという手も有ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました