【二軍公式戦】東京ヤクルトスワローズ戦(10月11日)[14回戦]

スポンサーリンク

感想

先発の十亀剣は5回までを投げて2失点です。

初回の失点は自責点は付いてませんが牽制の悪送球で二塁に進塁しているので十亀剣の責任です。

全体的にコントロールが悪いという訳でもないので次は一軍で投げられると思います。

辻発彦監督が起用すればですけどね。

投手が足りてない状況なので投げられるなら十亀剣は上げた方が良いです。

辻発彦監督は十亀剣が嫌いなんでしょうか?

 

多和田真三郎は4イニング投げて無失点でした。

ボール自体は良いと思いますけどもコントロールがまだ定まってないです。

高めに行ってしまう事も多かったのでそこを修正出来れば一軍で投げられるんじゃないでしょうか?

ただ先発での起用は100球以上を2試合登板してからだと思うので日程的に間に合わないのでリリーフかなと思います。

 

川野涼多がタイムリースリーベースを打ちました。

2安打1打点1四球の活躍でした。

 

岸潤一郎は川野涼多のタイムリースリーベースの直後にタイムリーを打ちました。

盗塁すれば良かったんですけどね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました