森友哉の打力は必要

スポンサーリンク

岡田雅利や柘植世那が捕手でスタメンの時に森友哉はベンチスタートですけどもせめて指名打者で起用すべきだと思います。

不調とはいえ去年の首位打者ですからね。

技術は有ると思います。

打撃に集中させれば復調するんじゃないかと思います。

 

森友哉の打撃不振の原因の一つはファウルが股間に当たって悶絶というのが序盤の方で何回か有りましたけどもあれも影響していると思います。

動けなくなるくらいの痛さなんですからカップを付けているとはいえ痛みはしばらく残ると思います。

捕手はファウルチップなどで故障のリスクが有るから森友哉をコンバートして欲しい理由の一つです。

 

本来なら全試合で3番を打って貰いたい選手です。

それなのに捕手が原因で打撃不振とか論外です。

しかも故障のリスクも他のポジションよりも高いです。

森友哉の不振や離脱は打線の不振の原因です。

そのくらいの打者という事です。

だから守備の負担が少ない外野にコンバートを推してます。

 

森友哉の捕手としての能力は普通です。

捕手の守備で肩が驚くくらい強いとかだったら考える余地は有るでしょうけどもそうでは無いですからね。

捕手は故障のリスクが高いのでバックアップが必ず居ます。

柘植世那が故障したら岡田雅利が居ますし、岡田雅利が故障したら柘植世那が居ます。

森友哉が故障したら捕手の部分は何とか出来ますが、打者としての部分は何んとも出来ません。

森友哉の価値は打者という面が一番高いです。

 

打てる捕手として森友哉を使いたい人が居ますけども打てる捕手というのは古田敦也氏とか城島健司氏、阿部慎之助読売ジャイアンツ二軍監督のような感じですよね。

この打てる捕手と言われる人達は基本的に守りで捕手のレギュラーを獲得してるんですよね。

城島健司氏だってあの肩が有るから使われた訳ですからね。

阿部慎之助読売ジャイアンツ二軍監督だって元々は肩を評価された捕手でした。

古田敦也氏も守備でレギュラーを獲得した捕手です。

レギュラーで使われている内に打撃が開花しただけです。

森友哉のように守備の事には目と瞑ってレギュラーを獲得したのとは違って捕手として使われるだけの能力が有ったという事です。

 

残りの30試合は森友哉を打者として起用して欲しいです。

捕手の適性が無いのにフロントのメンツの為に捕手で起用されて出場機会が減るというのはどうかと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    sakano様とは見解を異にしますが、私はこれからも捕手・森友哉でプレーを続けて欲しいと思っています。

    私自身猛省しなければいけないのですが、今年はチーム自体が成績不振だったこともあり、森選手を責める失言を私自身してしまった部分があります。元々西武はFA移籍が多いこともあり、西武投手陣のレベルは2010年代前半から低下していました。ドラフトで2010年代中盤から立て続けに逸材を獲得して何とか持ち直しつつありましたが、現在も若手投手陣の才能が完全開花しているとは言えません。それを結果が出ないからと森選手の責任にするのは間違っていると思うのです。

    もちろん捕手の評価は結果論で語られがちな部分もあります。それに流されてしまった弱い自分もいます。ただ、森選手自身まだ発展途上にいる選手です。配球のミスもあるでしょう。それでも冷静に見れば単純に盗塁阻止にしても現在の一軍捕手の中で一番技術が高いですし、キャッチングも同様です。弱体投手陣をリードしているので捕逸もあるでしょう。ただ、それらは全部森選手のせいかと言えばそうではないのでは無いのでしょうか?正捕手ですから一番多く投手の失投に立ち会うわけで、それを以て捕手失格というのは違う気がするのです。

    森選手は打てるキャッチャーであることに価値があります。ただし、守備においてもリーグ屈指のキャッチャー、少なくとも今後日本を代表するキャッチャーになりうる人材と考えます。森の配球ミスもあったかも知れませんが、森選手のリードに救われた試合もそれ以上にあるのではないでしょうか。先日も言いましたが、9月26日(土)の楽天戦でノリンが肩の異常で1回のみで降板した時は、試合が壊れてもおかしくない状況でした。それを持ちこたえられたのは森の力です。

    緊急登板出来たのは中塚しかおらず、主力投手が準備できるまで何とか持ちこたえなければいけない状況下で制球力に不安のある中塚を良くリードして2回、3回を1失点で凌いでくれました。8人の投手を良くリードしてくれたと感謝の気持ちで一杯です。今年は打撃不振でチーム成績も上がらず、森自身辛い思いをしたでしょう。また、私のような門外漢のファンが安直な批判をし、それにも心を痛めていた事でしょう。それらを心からお詫びしたいと思っています。

    森選手はまだ、到らない部分はあるでしょうが、日本を代表する打てるキャッチャーになれる人材だと思います。なんだかんだ言ってもパ・リーグ2連覇の正捕手です。城島健司氏も阿部慎之助氏も20代の頃はリードが悪い打撃だけのキャッチャーと批判されていました。リードを評価されるようになったのは30代になってからです。故・野村克也氏も20代の頃は阿部氏には手厳しいコメントが多かったですが、30代になる頃には論調がかなり変わって来ました。25才の森に到らない部分があるのは当たり前ではないでしょうか。

    それに、仮に森をコンバートするにしても外野しか無いわけで高校時代とプロ1年目で突貫工事でしか経験していない外野を務められるとは思いません。スパンジェンバーグ同様に外野で足を引っ張る事にもなりかねません。外野に転向したから3割後半の打率を残すとも思えませんし、不慣れな外野のデメリットが大きいのでは無いでしょうか。

    また、最近はホームランテラスの設置で球場が以前よりは狭くなっていますが、セ・リーグに比べて球場の広いパ・リーグの外野で森が通用するかというのは大いに疑問です。

    それに現在は栗山、金子侑、木村文、次世代として高木渉、鈴木将平、愛斗、川越、西川の将来性あるメンバーがいる中に森をねじ込むメリットが感じられません。

    また、キャッチャーに目を移しても、柘植は5位指名の選手にしてはよく頑張っているというだけで、森を外してまで正捕手に抜擢する選手とは少なくとも現段階では思えません。まずは一軍レベルの捕手、次に一流の第二捕手を目指すべき段階ではないでしょうか。打撃も守備も新参者でビギナーズラックでうまくいったに過ぎません。出場を重ねる毎にボロが出てしまっています。森よりも遙かに課題だらけです。

    森を助けるという意味では、願わくば、一流のバッテリーコーチを付けてあげて欲しいという事に尽きます。ただ、コーチに予算をあまりかけない球団なので難しいでしょうね。現在は経験豊富な内海が在籍しているので、内海と組ませてあげて欲しいと思います。工藤公康氏が若き日の城島健司氏に厳しくアドバイスを送ったことが、打てるキャッチャー城島健司氏を育てた側面がありますから。長文失礼しました。

    • sakano より:

      森友哉が22歳くらいだったら捕手として経験を積ませるのも有りだと思いますけども既に25歳で2022年にFA権を取得という事を考えるとね。
      来年も犠牲にして配球を勉強させたとしても1年だけ貢献してFA移籍です。

      森友哉の外野の守備は意外と森は足が速いです。
      それに肩も外野手としては合格点です。
      レフトと考えるなら十分です。
       
      柘植世那のリードは悪くないと思います。
      新人で森友哉よりちょっと良いくらいです。
      本来なら捕手で271試合に出場している森友哉が社会人からとはいえ新人に劣ってる事が問題です。
      新人で勝つ為に一軍で使われてる事は凄いと思います。
      柘植世那は捕手だけの能力で一軍で使われてますからね。
      確かに柘植世那にはまだ課題が有りますが経験を積めば良い捕手になると思います。
       
      内海哲也と森友哉を組ませれば良いというのは駄目というか内海哲也が嫌がると思います。
      内海哲也も生活が懸かってます。
      立場的に結果を残さなければクビです。
      福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督の時はFAで加入してたから打たれても簡単にはクビを切られないというのが有ったからだと思います。
      立場が違い過ぎます。

      こんな事を言っては森友哉に悪いですが森友哉の捕手としての能力は底が見えてしまってます。
      きつい言い方をすれば捕手としては三番手捕手レベルで打撃で正捕手として使われてるだけです。
      配球の勉強したとしても二番手捕手レベルで岡田雅利には絶対に勝て無いでしょうし、柘植世那が経験を積めば柘植世那にも勝てないでしょう。
      才能の問題だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました