【一軍公式戦】オリックス・バファローズ戦(9月29日)[19回戦]

スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

序盤に2点リードされたら山本由伸は打て無いですよね。

 

森友哉は捕手でスタメンだと打て無いです。

先発投手と組んでリードすると打撃どころではない感じです。

それなのに5番起用というのはどうなんでしょうか?

あと高橋光成と森友哉は合わないです。

奪三振が1個だけというのはあまり考えられない事です。

要求通りに投げて打たれる、高橋光成がボールが悪いと思って力を入れる、コントロールが悪くなってシュート回転するこの悪循環です。

あと森友哉は左打者のインコース、右打者のアウトコースにミットを構えて下に動くんですよ。

ミットを投手に見せて捕球の為に下げる動作では無く、ミットを見せる時に下にじわっと下がります。

あれは投手が投げ難いですよ。

ミットは投げる目標ですからね。

このコースに投げてというのが動いてしまってはね。

逆のコースは動かないので森友哉の癖でしょう。

岡田雅利は投手にミットを見せる時はほとんど動きません。

 

今日の試合は1点勝負だったという事です。

相手は山本由伸が先発なんですから序盤の2失点は致命的でした。

そして今の打順ですよね。

C.スパンジェンバーグの2番起用は止めて欲しいです。

そして山川穂高はいつまで使うんでしょうかね?

復調の気配は無いですよ。

 

捕手が森友哉という時点で嫌な予感はしてました。

思ったよりも失点はしませんでしたけども炎上寸前だったと思います。

試合の勝敗はあまり気にしてませんけども負けると高橋光成が悩んでしまいます。

辻発彦監督は高橋光成を潰すつもりなんでしょうか?

せっかく自信を持って投げられるようになったので台無しです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました