【一軍公式戦】オリックス・バファローズ戦 [9月19日]

スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

このカードの負け越しが決定です。

コントロールミス、走塁ミス、送球ミスとミスが多いです。

特に走塁ミスは得点出来たかもしれないというミスだったので痛いですよね。

山川穂高がゴロを打った瞬間にC.スパンジェンバーグが走ってれば1点だったんですけどね。

山川穂高の二塁アウトは凡ミスです。

呉念庭の送球ミスは難しい打球でしたかね?

三塁手の見せ場だったと思います。

送球エラーで1失点ですからね。

 

S.ノリンは先頭打者に四球を与えてしまったのがね。

そして盗塁されて動揺して四球です。

四球でランナーを貯めてしまったらね。

クイックはランナーが居る時に肝心のクイックが出来なかったというのはどうなんでしょうか?

打者のタイミングを外す事に集中しすぎです。

 

宮川哲は厳しい場面での登板だったのでね。

使った監督が悪いと思ってくれたら良いですけどね。

暴投は力が入り過ぎましたね。

 

オリックス・バファローズとの勢いの差を感じました。

オリックス・バファローズはイケイケ状態ですよ。

自力CSの可能性も消えてるのでプレッシャーも無いですからね。

失う物が無い者の強さですよ。

安打数は埼玉西武ライオンズと同じですけどもここで1本出れば所で打ててますよね。

埼玉西武ライオンズはその逆です。

 

熊代聖人のスタメンは無いです。

なぜ?です。

無理に右打ちの選手を使う必要は無かったと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました