【一軍公式戦】北海道日本ハムファイターズ戦 [9月6日]

スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

勝ちました。

 

岡田雅利のスタメン捕手は当たったと思います。

松本航の失点は2回の満塁で打たれた2点タイムリーだけでした。

何度かピンチを作りましたけども抑えましたからね。

経験豊富な岡田雅利が捕手だったからだと思います。

 

外崎修汰と源田壮亮の2者連続のタイムリーツーベースで同点に追いついて、岡田雅利のタイムリーで勝ち越しをして金子侑司の犠牲フライで1点追加です。

3番、4番が機能してませんが周りの選手がカバーをしましたよね。

1番外崎修汰、9番金子侑司はしばらく崩さなくても良いじゃないでしょうかね?

 

森脇亮介を7回に使いましたね。

打ち取った打球が内野安打になりましたけども無失点で抑えました。

勝ちパターンで投げても問題ないレベルになったという事でしょう。

 

平良海馬が8回を完璧に抑えました。

昨日(5日)のピッチングは何だったんでしょうかね?

リリーフの時は岡田雅利に交代すれば良いじゃないでしょうかね?

その方が安心です。

 

山川穂高のサード起用はどうなんでしょうかね?

守れてますけども打撃がね。

来年以降の事を考えると慣れさせた方が良いですけども慣れる期間は打撃はあまりというのも困りますよね。

それだったら栗山巧をレフト、C.スパンジェンバーグをサード、E.メヒアを指名打者、ファーストに山川穂高で良いじゃないでしょうかね?

 

水口大地はセカンドでスタメンで1安打1盗塁でした。

 

北海道日本ハムファイターズに勝ち越しで0.5ゲーム差です。

3位の東北楽天ゴールデンイーグルスとは2.5ゲーム差です。

首位争いの背中が見えてきましたかね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    sakano様が仰られる通り、リリーフキャッチャーとしては岡田が適任のように思います。

    森はキャッチングもスローイングも上達していると思いますが、全てに手詰まりで手一杯のように見えます。リードに神経を使うとキャッチングでミスをする。キャッチングに気を付けているとリードが単調になる。リードとキャッチングが良ければバッティングが駄目といった感じです。

    新人時代に運転免許の学科試験に何度か落ちてようやく受かった話を聞いたので、キャッチャーとして覚えなければいけない事は多いのに大丈夫かなと思っていましたが、去年までは打撃が好調だったので守備にも力を入れられたのでしょうが、今年は打撃も他球団のマークに合い、打てないので手一杯になっている気がします。

    田辺監督時代に、野手転向を図った際に、株主総会で「巨人・阿部慎之助のような打てる捕手として獲ったのに、なぜキャッチャーで使わないのだ?」と責められキャッチャー起用が確定したと記憶しています。これだけ攻守に渡り手詰まりだと、今オフは一度、渡辺GMを交えて今後の守備位置について考えた方が良いのかも知れません。

    高木大成氏もリードが伊東勤に比べて不評で野手転向を余儀なくされました。山川のサードもそうですが、シーズン途中に場当たり的に起用するのは賛成できませんので、考え直すのはシーズンオフかと思います。

    今季は先発・森友哉、終盤・岡田が次善の策ではないでしょうか?

    • sakano より:

      捕手は守れる捕手から打撃が良くなったというパターンじゃないと厳しいという事です。
      阿部慎之助も元々は肩などを評価されて使われていて次第に打撃が良くなりました。
      守備面は厳しいけども打撃が良いという捕手は結局コンバートされる運命だと思います。
       
      山川穂高の場合は打てる状態なのにサードを守る事で打撃が疎かになって打て無くなるという可能性が有るから反対ですけども森友哉の場合は既に打てて無いですからね。
      このままあまり打てないで終わるよりかは捕手の練習などから解放した方が良いと思います。
      打撃練習を削ってバッテリーミーティングとかが有りますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました