内海哲也が抹消

スポンサーリンク

内海哲也が抹消されました。

中10日とかも検討されてるみたいですね。

 

来週の土曜日はS.ノリンが先発だそうです。

S.ノリンは出来れば中10日では無くローテーションで投げて欲しいです。

 

内海哲也は榎田大樹とかと併用で良いじゃないでしょうかね?

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    パターン3の継投プランが失敗する悪い予感が当たってしまいました。中7日で5回84球2安打5三振の先発を代えてしまう愚かさ。1回辺り16~17球しか投げていないわけですから、あと2回は軽く投げられます。継投を考えるのは次に吉田正尚を迎えるときくらいでしょう。根拠の乏しい早期降板で松本航の勝ちを消したのは4試合です。松本航の負けを消してあげたのは1回だけです。松本航は1勝3敗ですが、本来5勝4敗になっていなければいけません。流行のドラマにあやかれば、ファンと松本航に辻監督、西口コーチは詫びるべきです。

    さて、内海も手術明けですから、ノリンと2人で先発1枠というのは仕方ない気がします。来週ノリンが先発として機能しなければ内海で土曜日は固定されるでしょう。来週の先発は火曜日・高橋光、水曜日・榎田、木曜日・十亀、金曜日・ニール、土曜日・ノリン、日曜日・松本航で再編すべきです。今井を無期限二軍調整(2週間目処)させるべきです。フォームがおかしいのに上で投げさせても無駄です。先発陣は最低6回、投球数なら110球までは投げること。リリーフ陣は平井、宮川、平良、ギャレット、増田に森脇を加えて、3人ずつ分けるべきです。この6人を毎試合のように投げさせていたら疲労で抑えられなくなるのは当たり前です。辻監督の精神安定剤代わりにリリーフを前のめり投入したら、力を発揮できないばかりか故障してしまいます。

    今井に対しては「今井は将来のエースなんだから、先発したら簡単に代えない。」と西口コーチに以前言ったようですが、今井に限らず先発起用した投手には原則6回までは代えないというのを徹底して欲しい。それが先発の仕事です。先発で5回まで投げてくれれば良しとするのは、故障明けの選手と経験の浅い投手や、初先発の投手くらいです。当然高橋光、今井、松本航は7回を投げきる(ハイクォリティスタート・7回2失点以内)のが基本になります。

    投手起用も野手起用も頭を冷やして考え直すべきです。まだ、シーズンは半分しか終わっていません。上位も団子状態です。つまらない拘りを捨てて現実に即した起用をすれば、少なくとも優勝争いには加われます。現実とかけ離れた理想に拘り続ければ、オリックスの代わりに最下位になるのも時間の問題です。選手個人はそれなりに結果を残しています。起用法がチーム全体のパフォーマンスを下げているのです。

    もう一度言います。最下位になりたくなかったら、投手起用も野手起用も頭を冷やして考え直すべきです。

    • sakano より:

      内海哲也、十亀剣、榎田大樹を入れ替えながら起用して欲しいです。

      S.ノリンは外国人投手なのでローテーションに入って貰わないと困ります。
      それが無理なら新たな外国人投手を獲得すべきです。

      西口文也一軍投手コーチは代えたくないのかもしれませんが辻発彦監督が交代するんですからどうしようもないと思います。
      選手交代の決定権は監督に有りますし、監督しか審判に交代を告げる事が出来ません。
      投手起用は監督を交代するか、投手起用の権限を投手コーチに与えるかしないと無理だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました