勝たないと勝ち越せない

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今日(23日)の試合で勝たないと勝ち越せません。

 

先発は松本航です。

前回のピッチングが良過ぎたのでちょっと今回は心配です。

本塁打を打たれないか心配です。

A.ジョーンズとか吉田正尚には警戒して欲しいです。

特にA.ジョーンズは2試合連続で打ってますからね。

 

外崎修汰を1番で起用してくれませんかね。

木村文紀の1番起用は確変中じゃないと怖いです。

普通は確変中でも使いませんけどね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    木村の1番については、スパンジェンバーグの1番起用を散々批判されたので、自分のお気に入りを左対策という名目で使ったのでしょう。もう1人のお気に入りである金子侑司も怪我と打撃不振でとても1番起用は出来ないですから。隙を見てスパンジェンバーグや金子侑司を1番起用したいのでしょうが、結果が出ていないから難しいですね。

    1番と4番は攻撃の軸ですからそこをしっかり固定したい所ですが、変な拘りのせいで1番に外崎を配置しない采配をしています。攻撃の軸ですから、相手投手との多少の相性はあったとしても信頼できる安定感のある選手を1番に据えたい物です。秋山翔吾がいない今最も適任は外崎だと思います。金子侑司やスパンジェンバーグ、木村文紀が安定した成績を残しているなら良いですが、浮き沈みが激しすぎます。ここ数年の安定度からして外崎でしょう。シーズンも折り返し地点にさしかかっているのでいい加減、結果が出ていない自分の拘りを捨てるべきです。一軍打撃コーチが辻さんより実績の乏しい2人なので、イエスマンになっていますし、一軍投手コーチ(ベンチ)は風見鶏の西口さんで辻監督の前のめり継投を止められませんし、困ったものです。一軍投手コーチ(ブルペン)に豊田さんが就任したことで三連投は大部減ってきましたが、辻監督が監督だから当たり前なのですが、年齢的にも他のコーチとの実績的にも権限がありすぎる気がします。

    例えば、和田一浩さんが打撃コーチなら、今のオーダーに反対するでしょうし、鹿取義隆さんが投手コーチならリリーフ依存の前のめり継投を止めるでしょうし、今ほど辻監督の考えだけで突っ走る事もない気がします。今オフはOBというだけで無く、指導力重視の配置をして欲しいです。西口一軍投手コーチは将来の監督候補の1人でしょうが、去年のブルペンコーチ時代から自分の意思のない風見鶏ですから、監督には向かないと思います。潮崎氏のように昭和時代酷使上等采配はしないですが、上に従順なだけのイエスマンですね。

    今日は松本航の出来にかかっています。継投プランとしては以下の4つを想定しています。
    パターン1 松本航(8回)ー宮川(1回) これが1番理想です。松本航が完投してくれてもいいです。
    パターン2 松本航(6回)ー森脇(1回)ー田村(1回)ー宮川(1回)
    松本航がクォリティスタートを達成してくれて、得点差があるなら、この形でしのげると思います。固定観念全快の辻監督なら7回から平良ーギャレットー増田とつなぎそうですが。

    パターン3 松本航(5回)ー宮川(1回)ー平良(1回)ーギャレット(1回)ー増田(1回)
    昨日勝ちパターン4人を温存しているので、一番可能性のある継投パターンです。ただ、リリーフ陣が本調子なら最強かも知れませんが、酷使により4人とも疲弊しています。4人の誰かが不調で回の途中で降板、次の回に予定していた投手を前倒し登板&回跨ぎ、これが最悪の流れです。だから、松本を出来るだけ投げさせて継投人数を少なくすべきです。信頼できる持ち駒を前倒しで投入したら、それらが不調だったときに持ち駒が無くなってしまいます。松本を5回で代えるにしても、森脇、田村を挟んだりして、勝ちパターンを出来るだけ消耗しないようにしないと今日で勝ちパターンリリーフの4人が燃え尽きてしまいます。

    パターン4 松本航(3回)ー森脇(2回)ー齊藤大(2回)ー田村(1回)ー宮川(1回)
    松本航が期待外れの内容だったときの継投パターンです。逆転リードするまでは勝ちパターン4人は投入してはいけません。投入するにしても宮川のみにしたいです。最悪の場合は敗戦処理リレーになります。敗戦確定なら今井を2イニング投げさせれば良いでしょう。もちろん今井は明日24日(月)に二軍降格です。

    いずれにせよ、攻撃陣が先制点、中押し点、駄目押し点と点を取りまくることが大切です。リードした後にろくに指示も出さず、自由に打たせてチャンスに凡退ばかりしていると、勝ちパターンリリーフが疲労で打たれて逆転負けという最悪の試合展開になります。先週楽天が早々に浅村を交代させるような、相手が戦意喪失するくらい点を取ることが大切です。勝ちパターンの4人は素晴らしい選手ですが、酷使で疲れています。出来るだけ4人を使わなくて良い展開にすることが大切です。安易に勝利の方程式にはめてはいけないのです。どんな良い投手でも疲労でパフォーマンスが落ちることを考慮しないと今日も負けます。私の考えが杞憂であることを願います。

    • sakano より:

      鹿取義隆氏のような経験が豊富なヘッドコーチ格が居た方が投手起用は上手く行ってたかもしれませんね。
      西口文也一軍投手コーチもまだ経験不足ですし、豊田清一軍投手コーチに任せても同じ問題が露呈するでしょう。
      経験が豊富な人じゃないと継投は難しいと思います。

      渡辺久信球団本部ゼネラルマネージャーも投手の総括コーチみたいなのを用意すれば良かったんでしょうけども自分の監督経験を基準にして投手起用は監督が決めた方が良いと考えたんでしょう。
      投手出身の監督ならそれでも良いと思いますが辻発彦監督は野手出身で内野でしたからね。
      捕手出身の監督だったらまだ投手継投の判断が出来たでしょうけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました