【一軍公式戦】オリックス・バファローズ戦 [8月22日]

スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

2連敗です。

 

攻撃ですよね。

10安打も打っているのに得点が2点というう事は繋がりが悪いという事です。

外崎修汰を5番で起用しちゃったてるのがね。

木村文紀の1番起用もどうなんでしょうか?

 

先発の内海哲也は試合は作りました。

6回を4失点ですからね。

A.ジョーンズに2本の本塁打を打たれました。

1本目の3ランHRはエラーが無ければ2失点くらいに出来たんじゃないでしょうかね?

昨日からA.ジョーンズが打ってますけども監督辞任で目覚めちゃいましたかね?

 

中村剛也は手首に死球を当てられて無駄な力が抜けたから本塁打を打てたんでしょうかね?

4打席目のショートライナーもヒット性でした。

 

齊藤大将は間隔を空け過ぎです。

中9日ですよね。

登板間隔が空き過ぎると荒れますよね。

 

これで3勝2敗ですよ。

4勝2敗か3勝3敗のどちらかになってしまいました。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    内海は6回を92球3安打3失点と良く投げてくれました。ジョーンズへの2打席が悔やまれます。4回の中川のピッチャーゴロの際のセカンド悪送球が悔やまれます。観客の「走った!」の声かけに慌ててしまったようですが、そういった声かけはベンチからもあることですから、それは言い訳には出来ないですね。

    田村は先頭バッター宗へのフォアボールは良くないですが、7回を打者4人相手に無失点で投げきってくれました。
    齊藤大将は8回にいきなり2者連続四死球が良くなかったですね。ただ、一軍に上がってから登板機会がなさ過ぎて間延びした点には同情の余地があります。ピンチの場面ではなく回の頭から投げさせる機会はあったはずです。特定の投手のみ酷使するからこういうことになるのです。齊藤大将は過去2年間期待外れだったから、登板機会を与えなかったのかも知れません。ただ、結果を残して二軍から推薦されたわけですから、もっと早い段階で比較的楽な場面で起用してあげるべきでした。次の登板に期待します。

    打撃陣はつながりを欠いています。辻監督の2020年版理想的オーダーを組んでいると思いますが、1番木村、5番外崎はいい加減止めるべきです。打力も走力もある外崎を1番にするのを避ける意味が分からないです。1番セカンド外崎、2番ショート源田、3番キャッチャー森、4番ファースト山川、5番レフト栗山、6番サード中村、7番DHメヒア、8番ライト木村、9番センター鈴木将平(金子のデッドボールは大丈夫でしょうか?)で良い気がします。辻監督はきっとメヒアでは無くスパンジェンバーグを優遇するかも知れませんが、左打者に左投手は絶対有効と信じているのに、左投手のアルバースにスパンジェンバーグを使う理由は無いでしょう。後はアルバース相手に1番木村を起用する気がします。

    蛇足ながら、5番外崎について、辻監督の考えは恐らくこうだと思います。シーズン前に辻監督は「下位打線と呼ばないで欲しい。」と記者に強調しました。辻監督は、打撃陣を2班編制で考えていて、前半グループが1番から4番まで、後半グループが5番から8番までと分けています。後半グループの先頭バッターが5番打者という位置づけなのでしょう。だから後半グループのリードオフマンとして外崎に拘っている訳です。6番、7番、8番に栗山、中村、スパンジェンバーグというのが後半グループのクリーンアップという位置づけなのでしょう。
    一応辻監督の気持ちになって考えてみましたが、結局1番から攻撃が始まる以上は、上位打線と下位打線が存在するわけで、打席数が多く回る上位打線の1番から5番までに期待値の高い人材を集めるべきです。2班編制は正直無意味だと思います。出塁率の高い選手、作戦に幅を持たせられる選手を1番から3番に集めるべきです。そう考えれば、1番外崎、2番源田、3番栗山となるでしょうし、ポイントゲッターは4番山川、5番森、6番中村、7番メヒアとなるでしょう。シンプルに考えれば良いのに、独自色を出そうとして結局上手く言っていない気がします。

    明日は何が何でも勝つしかありません。最下位のオリックス相手に3勝3敗は許されません。まずは松本が最低6回は投げきる事です。最低6回なので、6回まで投げたら必ず代える必要はありません。勝ちたいと辻監督が思うと、選手の調子や疲労度を無視して自分が1番信頼している形に無理矢理当てはめようとする傾向が強いです。松本相手にオリックス打線が苦戦していたら7回、8回と引っ張っても構わないのです。(もちろん完投しても良いです。)120球までは調子さえ悪くなければ投げさせれば良いでしょう。7回からの平良、ギャレット、増田は前のめりになって使うのではなく、今の調子・疲労度なら使わなくて良いなら使わない方が良いです。松本の調子をよく見ながら判断して欲しいです。もし、松本が5回までに降板する羽目になったら今日試した田村、齊藤大+森脇の3人を1回ずつ投げさせて凌いで欲しいです。今井は松本が早期降板しても出来たら使って欲しくないです。その上で、平良、ギャレット、増田を使うなら仕方ないです。先発を引っ張れる時に引っ張らないから、リリーフ陣に無駄な疲労が残るのです。打線はとにかく点は何点あっても良いので、全員に自由奔放に打たせるのでは無く、山川、森、中村、メヒアの4人以外は状況によってはバントは有りだと思います。惜しかったは必要ありません。とにかく明日は勝たないと借金が減らなかった形になります。結果が全てです。

    • sakano より:

      二軍で先発してるんてすからせめてロングリリーフで起用して欲しいですよね。
      一軍と二軍で起用が違うと投手も困惑すると思います。

      外崎修汰の5番起用は辻発彦監督が絶対にしたい事なのでしょう。
      そうなると監督が変わらない限りは外崎修汰の1番起用は難しいのかなと思います。

  2. 福岡のレオ党 より:

    兎に角時代遅れの監督である。試合を完全観戦できる今、プロ野球ファンの目が肥えている今、演出を出来ない監督はそっぽを向かれる時代である。過去2年間は、選手の好きなようにさせても勝ててた気がします。際立った采配力も演出力も問われなかった。あたかも名監督、知将と勘違い。しかし、今シーズンは、彼の采配力、演出力で勝負が左右されるシーズンとなった。現状、西武ファンのストレスは、ほぼほぼMAXに達している。場当たり的な采配と演出を繰り返しているし、足を運ぶファンを納得させるだけのものは見せていない。現状、同じ5位に低迷していたにしても、状況によっては甘んじて受け入れる度量は持ち得ると思いますよ、西武ファンは。ここのところが、スッキリしないのでストレスMAXなんですよ。来シーズン、監督更迭。以上。

    • sakano より:

      複数年契約の最終年は先の事を考えずに良いからやりたい事をやって失敗しちゃうんですよね。
      選手の起用法に頑固な所が有るのはそのせいだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました