【二軍公式戦】東京ヤクルトスワローズ戦 [8月19日]

スポンサーリンク

感想

十亀剣

6回までを4失点のピッチングでした。

被安打が多いですね。

集中打を打たれて失点というパターンです。

これは十亀剣というよりかは齊藤誠人の問題なんですけどもカーブをあまり使えて無かったです。

両サイドの出し入れだけで抑えられるほどの球威はもう無いです。

緩急を使わないと無理です。

140キロ前半がほとんどという球威ですからね。

山田遥楓

151キロのストレートをレフト前に、アウトコースのスライダーをレフト線に二塁打と打撃の調子は良いです。

球威に負けずに引っ張ったというのは評価出来るんじゃないでしょうかね?

ファーストでのスタメンは一軍に昇格した時に試合に出場するチャンスを増やす為でしょう。

戸川大輔

満塁でセンター前に落ちるヒットが2点タイムリーになりました。

チャンスで打てるという事が重要だと思います。

川越誠司

1安打2四球と3度の出塁をしました。

一軍でも四球で出塁出来てたら降格という事は無かったんでしょうけどね。

四球を選べるようになれば川越誠司には足が有りますからね。

4番で起用されてますけども1番で起用して欲しいです。


遠征のメンバーには入っているのですが佐藤龍世が出場しませんね。

故障でしょうか?

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました