【一軍公式戦】東北楽天ゴールデンイーグルス戦 [8月11日]

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

また継投の失敗で逆転負けです。

 

平良海馬の投入が早いです。

2アウトなんだから高橋光成に投げさせれば良かったのにと思います。

誰かが6回の壁を乗り越えないとずっとこのままですよ。

交代するにしても平良海馬、R.ギャレット、増田達至以外の投手ですよね。

7回平良海馬、8回R.ギャレット、9回増田達至という形は崩しては駄目だと思います。

負担を軽くする為に誰かを追加するのはまだ良いですけども負担を増やしては駄目です。

 

継投は辻発彦監督なんでしょうね。

それを止められない西口文也一軍投手コーチは辻発彦監督と合わないのかなと思います。

ヘッドコーチ格の投手コーチのポストを作って投手に関しては全権限を与えた経験豊富な投手コーチが欲しいです。

中日ドラゴンズの落合博満監督時代の森繁和氏のような立場です。

野手の監督には投手を仕切る参謀が必要だと思います。

 

栗山巧の2ランHR、E.メヒアの逆転の2ランHR、E.メヒアのソロHRで5得点でした。

これで負けたらどうしようもないかなと思います。

山川穂高が右足の捻挫でスタメンから外れて5得点というのは打った方だと思うんですけどね。

 

森友哉を捕手で起用してるんですから打撃戦にして打ち勝たないと駄目なんでしょう。

高橋光成はすごく良いストレートを投げてたのに打たれるというのが信じられないです。

浅村栄斗にも打たれるのはアウトコースばかりで踏み込まれたらアウトコースでも届きますよね。

投手に好投して欲しかったら捕手を岡田雅利か柘植世那にするしか無いと思います。

森友哉の打撃も泳いだりしているので腰が引けてますよね。

こんな事は言いたくないですけども打撃も守備も足を引っ張ってます。

個人的には打撃に集中させた方が良いじゃないかなと思いますけどね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    足首を故障したのに山川を試合前練習出来ないまで起用したのは、辻監督の過失です。主力のご機嫌取りをするのではなく、敢えて出場続行を希望する主軸に対して、怪我を悪化させたくないから休めというのも本人の為であり、チームのためでもあります。

    山川の怪我で唯一良かったのはメヒアのスタメン起用が実現したことです。スパンジェンバーグは打席数を増やすほどに三振が増えるだけですが、メヒアは三振もしますが、日本での実績もあり、他球団には脅威です。代打専門にするにはもったいないです。今日からは森を6番に下げて5番メヒアで良いでしょう。スパンジェンバーグはもう良いです。渡辺GM肝いりで獲得したので起用縛りがあるのかも知れませんが、打てないし守れないし、逆転攻勢を掛けていくのに一番必要ありません。

    栗山にレフトを守ってもらうしかない気がします。山川の故障が直ったらメヒアとで交代でファーストとDHを務める形にすべきでしょう。DHは固定するのではなく、半日休暇のような形で疲れている選手に任せるべきです。外野はレフト栗山、センター鈴木将平、ライト金子侑司の布陣でスタートして6回以降、レフト金子侑司、ライト木村文紀で凌げば良いでしょう。センター鈴木将平は今年中に独り立ちしてもらわないといけませんね。

    後は外崎を1番にしたのは良いのですが、ライトを守らせ、セカンドに山野辺を入れたのは守備力ダウンです。9回の田中和基のセカンド内野安打は少なくとも外崎なら一塁送球できました。獲れないのは下手です。打撃も二軍レベルでは打てますが一軍レベルでは非力ですから、山田遥楓を使った方が良いです。社会人で3位指名なので山野辺優先なのかも知れませんが、サード、ショート、セカンドいずれにせよ山田の方が守備力は上です。

    継投については左対左は最強病は発動しませんでしたが、平良を投入して失敗して回跨ぎまでさせました。西口一軍投手コーチは将来の監督候補なのでしょうが、辻監督の暴走を止められないならその器ではない気がします。投手の専門家として監督に諫言する覚悟が欲しいです。辻監督が若い投手コーチの言うことを聞かないなら、外部なら佐藤義則氏、西本聖氏、鹿取義隆氏など指導経験豊富な指導者を招聘すべきですし、内部でも横田久則元二軍監督がファームディレクターとして空いている訳ですから、配置転換すべきです。

    昨日今井は好投しましたが、40球近く投げたので、起用法が難しくなりました。先発調整させるために一度二軍に落とすべきです。榎田、十亀、内海と調子を上げてきたベテランをここで起用すべきです。目先の連敗を止めることももちろん大切ですが、チーム全体を見て、今何をすべきか、よく考えるべきです。連敗を止めるために先発投手をこらえ性がなく早めに交代させたり、リリーフエースを回跨ぎで酷使したり、先発投手にロングリリーフをさせたり、焦りから采配に乱れが目立ちます。

    固定観念を捨てること。かといって無計画な酷使をしないこと。しがらみではなく選手の好不調をしっかり見極めること。熱くなり、調子が上がってきたベテランの榎田、十亀、内海を一軍起用すること、先発転向で結果を出している齊藤大将を先発で抜擢すること。髙木渉を昇格させたなら三振が増えるだけで守りも下手な外国人に代えてスタメンに抜擢すること。やれることはまだあります。まだ、シーズンを諦める段階では無いので、打てる手を打って欲しいです。

    • sakano より:

      辻発彦監督を止められるのは馬場敏史作戦兼守備・走塁コーチくらいだと思います。
      年齢差が有るので言える人ってほとんど居ないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました