【一軍公式戦】北海道日本ハムファイターズ戦 [8月9日]

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ダイジェスト

感想

北海道日本ハムファイターズのD.バーヘイゲンに抑えられました。

初回に外崎修汰が打ったソロHRが精一杯の得点でした。

打て無いのだからどうしようもないです。

先発で150キロ中盤のストレートを投げられたら簡単には打て無いですよ。

広い札幌ドームですしね。

 

山川穂高が1打席目の空振り三振の際に左足首を捻ったのが痛かったです。

3三振ですよ。

2三振した時点で大事を取って交代しますけどね。

本人が大丈夫だと言っても交代すべきでした。

あとで悪化して離脱したらどうするんでしょうかね?

 

本田圭佑は好投でしたけども負けました。

本田圭佑というよりかは投手起用ですよね。

球数を考えたらもっと投げれましたよ。

120球までは投げても良いですから7回まで投げられたと思います。

先発投手に対して過保護過ぎだと思います。

それとも信頼して無いのでしょうか?

 

リリーフを休養させて負けたりする割には今日(9日)のような展開では使いますよね。

先発をもっと引っ張ればリリーフを休ませる事が出来るのにすぐ交代しますよね。

この起用の積み重ねがリリーフを疲弊させる原因だと思います。

だから勝ちパターンを休ませるしかならない状況になって負けるんですよ。

 

C.スパンジェンバーグは3三振です。

1番打者なのに打てる日以外は三振を量産です。

このペースだと200三振するんじゃないでしょうかね?

120試合で200三振は凄い記録ですよ。

 

川越誠司も良い所無しですね。

 

森友哉ってカーブの後はカットボールやフォークなどストレートとカーブの間の球速の変化球を使う傾向が有りますよね。

あとスライダーやフォークを続けて要求です。

そして際どいコースを球審が取ってくれないです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    投手陣はよくやってくれました。バーヘイゲンを打てない打線に的確な指示を出せない打撃コーチ、1番打者の適性がないスパンジェンバーグを使い続ける監督に責任があります。

    今日一番の駄目な采配は足首を痛めてまともにスイングできない山川を使い続けた事です。借金5は痛いですが、まだシーズンを諦める時期ではありません。山川が怪我をこじらせ長期離脱することの方が問題です。山川自身の選手生命の問題もあります。好投している投手は怪我をしていなくても、余力を残していても、左打者が回って来たからとか、100球近く投げたから、5回を投げたからと、簡単に代えるのに怪我をしてまともにプレーできな主砲を本人が大丈夫だと言うから代えないのは、監督として怠慢です。それではただの機嫌取りです。メヒアを次の回から守備に入れないと駄目でしょう。焦りから冷静な判断を出来ないように思えます。

    来週から首位楽天相手ですがホームです。ストライクボールに関して相手びいきの判定も減るでしょう。4勝2敗で借金を5から3に減らす事を考えましょう。

    1番セカンド外崎、2番ショート源田、3番レフト栗山、4番サード中村、5番DHメヒア、6番キャッチャー森、7番ファースト佐藤龍世、8番ライト木村、9番センター鈴木将平

    これが現状のベストオーダーでしょう。山川の出場は2~3試合は見合わせるべきです。

    • sakano より:

      先発投手は100球以上投げないと完投出来る投手を育てる事が出来ないと思います。
      試合で120球とか経験しないと駄目だと思います。
      100球で交代するなら5人くらいでローテを回して中継ぎを増やした方が良いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました