今井達也と松本航の使い方

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今井達也と松本航の使い方を考えたいと思います。

 

今井達也はリリーフ起用されてますが二軍で良いと思います。

二軍でフォームの修正をして欲しいです。

今の状態で一軍で使っても結果を残せないのでイップスとかになっても困ります。

まだ若いので二軍でやり直せる時間は有ると思います。

去年のフォームに戻した方が良いです。

 

松本航は大卒の2年目なので二軍で調整というのは厳しいです。

今のままではいつかは二軍でしょうけどもその前にリリーフで使ってみて欲しいです。

短いイニングだったら球威が上がって抑えられるかもしれません。

リリーフでも駄目なら二軍しかないです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    今井投手については、ドラフト指名資料での彼のストレートを観れば、自ずと答えは出てくると思う。甲子園優勝投手という看板を背に、
    U18の壮行試合で大学生を相手に投じた真っすぐの良さは、ほれぼれとする球である。一にも二にもフォームの矯正である。糸を引く
    真っすぐを取り戻すための道程を選択すべきである。真っすぐを取り戻すことが、コントロールの確立も上げるという副産物を生み出す
    かもしれない。最新機器を駆使すれば、再生へのアプローチは可能だと思う。ただ、もちろん、本人とも充分に協議の上でのことだが、
    思い切った育成方針を再築すべきである。まだ、充分に時間はある。だらだらと現状にしがみついて時を過ごすことの方が、彼にとって
    は危険だと思う。
    松本投手については、やはりカウント球(確実にストライクを稼げる球)、勝負球(落ちる変化球)の習得であろう。相手打者が恐れていない。何故なら決め球が無いから、何となく真ん中あたりに的を絞っておけば、投げミスでツボに来る可能性が高いと上から目線で対応されているように見える。平良級の真っすぐがあるわけでもないし、抜群のコントロールがあるわけでもなく、大学生レベルで通じてもプロでは現状では通じないし、これは本人自身が一番身に染みていると思う。練習以外に無い。

    • sakano より:

      松本航は決め球が出来れば良いのですが今年24歳なので二軍でという余裕も無いです。
      大卒のドラフト1位は即戦力ですからね。

  2. TN より:

    この試合は途中からの観戦でしたが先発の与座が初回から3点も取られたのが敗因でした。
    それにしても自動アウトの清宮に2つもフォアボールを与えるのはこのチームだけでは守備の時間が無駄に長いので攻撃にリズムがこないです。
    今シーズンは先発ピッチャーが結果を残さないとBクラスだと思っていましたがここまでひどいのは想定外です。

    • sakano より:

      森友哉のリードが絶対的なコントロールが有る投手しか無理なコースに要求するのでしょうがないです。
      ボール1個分ズレたら打たれるという所に要求しても投げられる投手が存在しません。
       
      先発投手の事を考えるなら捕手を変えるしかないと思います。
      森友哉の捕手って打撃重視ですからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました